お知らせ:SEMリサーチ 12年目

SEMリサーチ 運営12年になりました。


公開日時:2014年10月01日 11:27

いつもご覧頂いている皆様、ありがとうございます。2003年8月1日に開設した当サイトは今月で12年目を迎えることになりました。

Twitter 等で何度か言及しているのですが、私にとって SEO 関連の基本的な理念や概念、方針といったお話は「3週目」ということもあり(※ いま議論されていることは、1998年前後と2004年前後の2つの時代に散々議論されたし結論でてますよね、またそれ蒸し返しますかという意味)、そのレベルの話は正直、あまり興味関心がありません。

その一方で、ウェブの環境も技術もデザインもビジネスも変化してきた中で、『このサイトで SEO を進めるためにはどうしたらいいの?』という具体的な実行方法は頭を悩ますことも増えてきたように思えます。(スパム手法の話を抜きにして)自然リンクの構築手法は、10年前と根本的に違いますからね。Google の検索アルゴリズムが進化して小手先のテクニックが排除されたこと、優れたコンテンツを評価するという理想に近づいてきたことにより、本質に忠実に実行すればよくなってきた半面、その高度で複雑さゆえに検討課題が増えてきたといった方が良いでしょうか。

サイト運営における必然で導入されているデザイン要素と、検索エンジンフレンドリーを得るために導入された要素の融合が進んで、両者の分解が難しくなった、言い換えれば(サイトの種類や規模にもよりますが)細かい施策はいらないんじゃないの?と考えられるような場面も増えた一方で、いやでも競合企業よりも検索での発見性を高めるためには何か SEO 施策が必要でしょ、実際うちの企業は劣っているわけだし!という現場担当者目線で考えると確かに成果を伸ばすためにユーザへの利益を維持しつつ実現できる自然検索トラフィック増施策を検討しないといけないですよね…という、こういう悩みは昔はなかったと思うのです。大抵は、SEO 的にはヒドいサイトが多かったですからね。

そんな背景がありまして、本当はもっと実務的な、「こういう場面ではどんなベストプラクティスがあるの?」「こういうケースはどう対処するの?」的な話題の記事をもっと増やしたいなと思う反面、より多くの方に役立つような抽象化・一般化させて文章にするのは負担も多く、また私は他のデジタル領域も見ていて時間の制約もありますので、結論としてそういった実務的な話は電子書籍でまとめさせていただきたいと思います。





記事カテゴリ:お知らせ
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google「パーソナライズ検索による劇的な検索順位変動は都市伝説」と説明
Google、カナダでローカルサービス広告を提供開始
グーグルとディズニーがデジタル広告分野で提携
Googleインド、モバイル検索でカバディの試合情報を表示する機能追加
goo, 2018年検索ランキングを発表、人物の1位は「羽生結弦」など
ロシアYandex、検索アップデート「アンドロメダ」を発表
Microsoft Bing、年末商戦にあわせてショッピング検索機能を強化
米Google、検索結果にユーザーがコメントを投稿できる機能を準備
プライバシーを守る検索エンジン DuckDuckGo、検索回数3,000万/1日 突破
ペンス米副大統領、中国市場向け検索アプリ開発の中止を求める
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。