お知らせ:SEMリサーチ 13年目

SEMリサーチ運営13年目と、検索業界19年目のご挨拶。


公開日時:2015年08月01日 00:00

いつもご覧頂いている皆様、ありがとうございます。2003年8月1日に開設した当サイトは今日8月1日で13年目を迎えることになりました。また、検索エンジンマーケティング業界での仕事も7月で19年目に入りました。先月、MozCon 2015 に参加したのですが、そこで会った米国の方々にも約20年はすげーな!とみなさんから言われまして、自分でも正直、同じ業界でこんなに長く働くことになるとは夢にも思いませんでした。20年目の来年はぜったい海外でスピーカーとして、そのキャリアを活かした講演をするのが目標です。

さて、最近はあんまり更新していない SEMリサーチですが、年内、あるいは2016年まで、更新頻度を極力下げて運営をする決断をしました。従来は「文章を書くことに飽きた」か「他の業務に追われて時間が全くとれない」のいずれかの理由で更新が滞ることがあったのですが、今回はそもそもリソースを割かないという意志決定をしているため、更新をしていません。

理由は次の通りです。第1に、いま注力している仕事に全力を使った方が、自分自身にとっても勉強になり、また会社にとっても、業界にとっても最終的に利益になると考えているからです。

第2に、そもそも ””このサイトに公開できる内容で”” SEO周辺の情報って実は、意外とネタがないと思うのです。正確にいえば、数多あるテクニカルな情報は、特定の条件に当てはまる一部のウェブマスター向けの内容が多く、本サイトのように広く一般的なウェブ担当者が閲覧するサイトで公開するには相応しくないということです。たとえばクロールバジェットや SSL暗号化、ページ読込速度といった情報ですら多くの誤解があるのに、それ以上の細かな情報出したら単に読み手を混乱させるリスクを高めるだけでしょう。

私は「検索されやすいウェブが増えれば、検索はもっと便利になる」という理念で1997年に仕事として SEO をしようと決めました。より多くの人に正しい知識、適切な SEO の運用方法を学んでもらいたいことを願っています。同時に、変にテクニカルな情報を発信することは必ずしも日本のウェブマスター全体にとって良いとは考えていません。

そんなわけで、忘れられる権利や著作権、独占禁止法など検索業界を巡る法的・政治的な話題については引き続き(気が向いたら)更新をすることはあると思いますが、それ以外はのんびりと更新をさせていただきます。もっとも、重要度・緊急度が高い話題については積極的に取り上げていくつもりです。

例年通り、今年も9、10、11、12月は各種カンファレンスやイベントでの講演が決定しています。外部講演は従来通り、東京大阪に限らず全国どこでも積極的に行っていますので(各種セミナー・勉強会での講演につきまして)、ご興味ある方は参加あるいは相談いただければ幸いです。





記事カテゴリ:お知らせ
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google「パーソナライズ検索による劇的な検索順位変動は都市伝説」と説明
Google、カナダでローカルサービス広告を提供開始
グーグルとディズニーがデジタル広告分野で提携
Googleインド、モバイル検索でカバディの試合情報を表示する機能追加
goo, 2018年検索ランキングを発表、人物の1位は「羽生結弦」など
ロシアYandex、検索アップデート「アンドロメダ」を発表
Microsoft Bing、年末商戦にあわせてショッピング検索機能を強化
米Google、検索結果にユーザーがコメントを投稿できる機能を準備
プライバシーを守る検索エンジン DuckDuckGo、検索回数3,000万/1日 突破
ペンス米副大統領、中国市場向け検索アプリ開発の中止を求める
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。