米Google ローカルビジネス広告の住所指定オプション移行を開始

グーグル、ローカルビジネス広告からアドワーズの住所指定オプションへの移行を開始。


公開日時:2010年05月21日 10:03

米Googleは2010年5月13日、ユーザの検索クエリや検索場所に基づいてテキスト広告に自動的に最寄の住所や電話番号を挿入・表示する"住所指定オプション" (Location extensions)への統合手続きを開始することを明らかにした。

住所指定オプションは、Google検索サイトやGoogleマップに掲載する広告に、ユーザの最寄のビジネス拠点の住所を表示する機能。たとえば、国内各地で展開する大きなレストランチェーンが広告を掲載するときに住所指定オプションを利用すると、北海道札幌市で検索しているユーザには札幌市内の店舗の電話番号を表示、東京都渋谷区渋谷で検索しているユーザには渋谷店の店舗の電話番号を表示、といった具合に、ユーザを最寄りの店舗に誘導することができる。同等の広告は2007年のローカルビジネス広告によって実現されていたが、昨年リリースされたアドワーズ広告の住所指定オプションによって同等のことが実現可能になっていた。

住所指定オプションのリリースから一定の期間を経たことで、今回、ローカルビジネス広告を住所指定オプションを利用した同等機能へのアップグレードを行う。広告主は、"Transitioning your ads to location extensions" に掲載されているステップを踏んで自分自身でアップグレードを行うか、自動移行を選択できる。


Making local advertising easy: upgrade your local business ads to location extensions
http://adwords.blogspot.com/2010/05/making-local-advertising-easy-upgrade.html

Location extensions, a new way to run local ads
http://adwords.blogspot.com/2009/07/location-extensions-new-way-to-run.html

Transitioning your ads to location extensions
http://www.google.com/intl/en/adwords/lbamigration/guide.html

電話番号指定オプションと住所指定オプションとの併用
http://adwords.google.com/support/aw/bin/answer.py?hl=jp&answer=173910





記事カテゴリ:サーチニュース 2010, ローカル検索
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google「パーソナライズ検索による劇的な検索順位変動は都市伝説」と説明
Google、カナダでローカルサービス広告を提供開始
グーグルとディズニーがデジタル広告分野で提携
Googleインド、モバイル検索でカバディの試合情報を表示する機能追加
goo, 2018年検索ランキングを発表、人物の1位は「羽生結弦」など
ロシアYandex、検索アップデート「アンドロメダ」を発表
Microsoft Bing、年末商戦にあわせてショッピング検索機能を強化
米Google、検索結果にユーザーがコメントを投稿できる機能を準備
プライバシーを守る検索エンジン DuckDuckGo、検索回数3,000万/1日 突破
ペンス米副大統領、中国市場向け検索アプリ開発の中止を求める
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。