Google、ローカルガイドプログラムを開始(シティエキスパートから名称変更)

Googleが地域のレストランや場所のクチコミ投稿を募集するインセンティブプログラム「ローカルガイドプログラム」を2月から開始。従来のシティエキスパートプログラムを刷新。


公開日時:2015年01月30日 12:54

Google が2013年に開始した、地域のお店やスポットについてのクチコミ投稿を促すインセンティブプログラム「シティエキスパート」が、2015年2月16日から「ローカルガイドプログラム」に変更されることが明らかとなった。

シティエキスパートプログラム

既にシティエキスパートプログラムのトップページから他のページをクリックすると、新しいローカルガイドプログラムのページに自動的に案内されるようになっている。

Google マップや Google+ローカルで活発にクチコミを書いているユーザーを認定するためのプログラムで、サインアップ後、50件のクチコミを投稿することで認定され、毎月5件以上の投稿を続けることでステータスを維持することができた。特典として各地域で開催されるイベントへの参加や、同プログラムの記念品なども用意されていた。

Google シティエキスパート パーティー の模様


新しいローカルガイドプログラムの概要

2月から開始するローカルガイドプログラムは従来のシティエキスパートを置き換えるものだが、制度の一部が仕様変更される。同社運営のフォーラム(Webmaster Central Help Forum)で採用している、貢献度に応じた階級制度が導入される。サインアップ直後はレベル1からスタートし、5件以上のクチコミ投稿でレベル2といった具合に活動に応じてレベルが上がっていく仕組みで、そのレベルに応じて様々な特典が用意されている。例えばレベル3になると、ローカルガイドバッジや、Google+限定コミュニティへの参加権、一部都市開催の限定イベントへの招待、一般公開前のプロダクトを試せる Trusted Testing への参加などの特典が得られるようだ(2015年1月30日時点、同社ホームページより)。


ローカルガイドとして活動する前に、ローカルガイドの行動規範の確認を

ローカルガイドは一般ユーザー向けのプログラムだが、特定の基準を満たせば事業主でも個人メンバーとして参加可能。しかし、特定のお店や場所へのクチコミを他のローカルガイドに依頼したり、身分を隠して自己宣伝するといった行為は同社が定めるガイドラインに違反するため、同プログラムから除名処分を受ける可能性がある。

また、Googleマップへコンテンツを投稿する立場だからといって、良いクチコミを書いてあげる見返りにお店やサービスから金品や商品を受け取ることももちろん禁止されている。ローカルガイドプログラムに興味がある方は、サインアップする前に同社サイトに用意されている「よくある質問」や「ローカルガイドの行動規範」をよく読んで理解することを勧める。


(旧)シティエキスパート プログラムに参加しよう
https://www.google.com/local/cityexperts/

(新、2015年2月スタート)ローカルガイド プログラムに参加しよう
https://www.google.com/local/guides/
https://www.google.com/intl/en/local/guides/

ローカルガイドの行動規範
https://www.google.com/local/guides/how-we-act/

Local Guides: Sign up for Trusted Testing
https://docs.google.com/forms/d/1CTH0y7nPQ9r_6dS4TWl0_fVC0jO3WhqNR-bIfQ3W3jo/viewform





記事カテゴリ:ローカル検索
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google「パーソナライズ検索による劇的な検索順位変動は都市伝説」と説明
Google、カナダでローカルサービス広告を提供開始
グーグルとディズニーがデジタル広告分野で提携
Googleインド、モバイル検索でカバディの試合情報を表示する機能追加
goo, 2018年検索ランキングを発表、人物の1位は「羽生結弦」など
ロシアYandex、検索アップデート「アンドロメダ」を発表
Microsoft Bing、年末商戦にあわせてショッピング検索機能を強化
米Google、検索結果にユーザーがコメントを投稿できる機能を準備
プライバシーを守る検索エンジン DuckDuckGo、検索回数3,000万/1日 突破
ペンス米副大統領、中国市場向け検索アプリ開発の中止を求める
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。