Google、「カスタム検索エンジン」と「サイトサーチ」を日本語対応

Googleがサイト内検索「カスタム検索エンジン(Custom Search Engine)」と「サイトサーチ(Site Search)」のUIを日本語化。


公開日時:2008年11月13日 09:42

Googleは2008年11月12日、自分のサイトにGoogle検索を組み込める「Googleカスタム検索エンジン」(Custom Search Engine)と、同企業向けの有料サービス「Googleサイトサーチ」(Google Site Search)をそれぞれ日本語に対応させた。

Googleカスタム検索エンジン、同サイトサーチともにGoogleが提供するサイト内検索ツール。自分のサイトにあわせてウェブページのレイアウトや色、ブランドを設定することができる。検索対象とするサイト(ドメイン)も任意に指定することが可能。カスタム検索エンジンは無料だが、検索結果に広告が表示される。ただし、非営利団体、大学、行政機関に限り広告を表示しないオプションを指定できる。

Googleサイトサーチは企業向けの有料サイト内検索サービス。カスタム検索エンジンで用いられるサイト内検索のインデックスはウェブ検索と共用されるのに対し、Googleサイトサーチでは独立したインデックスを作成するためより広範囲にディープリンクを集めインデックスすることが可能。また、「バイト」に「アルバイト」を含めたり、「ハードディスク」に「HDD」を含めるなどの独自の類義語辞書の作成や、ドキュメントの作成日付に基づく順位調整、特定のページを優先的に検索上位に表示するなどの細かなカスタマイズが可能。

なお、Googleエンタープライズサーチ担当リードプロダクトマネジャー・ニティン・マングタニ(Nitin Mangtani)氏は、Googleサイトサーチ用インデックスはウェブ検索(www.google.co.jp)と共有されないため、相互に影響を与えることはないが、サイトサーチで実行された検索クエリのデータはウェブ検索に反映される可能性があると述べている。

Googleカスタム検索エンジン
http://www.google.com/coop/cse/?hl=ja

Googleサイトサーチ
http://www.google.co.jp/intl/ja/sitesearch/index.html





記事カテゴリ:Google 08, サイト内検索
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google「パーソナライズ検索による劇的な検索順位変動は都市伝説」と説明
Google、カナダでローカルサービス広告を提供開始
グーグルとディズニーがデジタル広告分野で提携
Googleインド、モバイル検索でカバディの試合情報を表示する機能追加
goo, 2018年検索ランキングを発表、人物の1位は「羽生結弦」など
ロシアYandex、検索アップデート「アンドロメダ」を発表
Microsoft Bing、年末商戦にあわせてショッピング検索機能を強化
米Google、検索結果にユーザーがコメントを投稿できる機能を準備
プライバシーを守る検索エンジン DuckDuckGo、検索回数3,000万/1日 突破
ペンス米副大統領、中国市場向け検索アプリ開発の中止を求める
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。