Microsoft、検索にテコ入れ - 「Microsoft Live Search Cash Back」を発表

マイクロソフトがLive Searchの新しいプログラム「Live Search Cash Back」を明日21日発表。Live Searchで検索して商品を購入するとキャッシュバックしてもらうことができる。


公開日時:2008年05月21日 09:33

米Microsoftが5月19日から開催するadvance08にて、新しいLive Searchプロダクト「Microsoft Live Search CashBack(ライブサーチ・キャッシュバック)」を21日にも発表する。

Microsoft Live Search CashBackはeBayやPayPalとのパートナーシップによるプログラムで、Live Searchを利用して購入をしたユーザーに対し、キャッシュバックを行う。この技術は2007年9月に買収したJellyfishをベースにしている。Barnes & Nobleの幹部は、Jellyfishのパイロットプログラムを利用し、クリックスルーや購買が増加したと述べている。

Microsoft to Launch "Live Search Cash Back" Tomorrow [SearchEngineWatch]
http://blog.searchenginewatch.com/blog/080520-171529

What is Live Search cashback ?
http://search.live.com/cashback/faq

advance08
http://advertising.microsoft.com/advance08-home

Jellyfish.com
http://www.jellyfish.com/

#
Microsoftが検索数を増やすためにユーザーにインセンティブを与えるケースはこれが初めてではない。ゲームを遊びながら検索するLive Search Clubというサービスがあったほか、2007年3月にはLive Searchを従業員に利用させている企業に報酬を支払うプログラムを試験的に実施していたことも明らかになっている。

日本でも以前、Ask.jpがネットマイルのポイントを付与するプログラムを実施していたし、世界を見渡せば一定の検索回数ごとに宝くじが当たる検索サービスなど、かつてインセンティブ型サーチで検索数をのばそうとした企業は少なくない。しかしながら、こうした試みを行って検索数を増加し、かつそれを維持し”成功した”と呼べるような企業はない。

Microsoftは日本はもちろん、グローバルで見ても検索数のシェアが低下しており、歯止めをかける必要があるとともに、Yahoo!やGoogleユーザーに何らかの形でLive Searchに接触させ、試用させる必要がある。Live Search cashbackはGoogleやYahoo!へと立ち去っていったユーザーを一度は呼び戻し、もう一度Live Searchを使う機会は与えるかもしれないが、それが検索シェアの獲得、まして検索広告の収益にどの程度結びつけられるかは未知数だ。

(※Yahoo!JAPANの場合は、すでに検索シェアを持っているのでポイント付与は他の検索エンジンにスイッチングさせない動機を与えることになるのでOK。MicrosoftはマーケットにおいてYahoo! JAPANとは対極のポジションにある)





記事カテゴリ:MS Bing
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google「パーソナライズ検索による劇的な検索順位変動は都市伝説」と説明
Google、カナダでローカルサービス広告を提供開始
グーグルとディズニーがデジタル広告分野で提携
Googleインド、モバイル検索でカバディの試合情報を表示する機能追加
goo, 2018年検索ランキングを発表、人物の1位は「羽生結弦」など
ロシアYandex、検索アップデート「アンドロメダ」を発表
Microsoft Bing、年末商戦にあわせてショッピング検索機能を強化
米Google、検索結果にユーザーがコメントを投稿できる機能を準備
プライバシーを守る検索エンジン DuckDuckGo、検索回数3,000万/1日 突破
ペンス米副大統領、中国市場向け検索アプリ開発の中止を求める
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。