Bing、URLを正規化するrel="canonical"のサポートは2010年以降

検索エンジン・Bingが重複コンテンツのインデックス時のトラブルリスクを軽減する、URL正規化のためのタグ rel="canonical" を正式にサポートするのは数ヶ月先とのコメントを表明。


公開日時:2009年12月18日 15:10

サイト運営者が検索エンジンにインデックスさせるURLを指定可能な、URL正規化(canonicalization)のためのタグ、rel="canonical"(link要素で利用可能なrel属性、以下、単に属性と表記する)について、Bingは2009年12月時点で対応していないことを明らかにした。

Search Engine Landの記事"Bing Still Working On Canonical Tag Support, Suggests Other Ways To Manage Duplicate Contentによると、Bingスポークスマンは、現時点で単一ドメイン内のrel="canonical"は利用できず、先日Googleが発表したドメイン間のrel="canonical"も同様に対応していないことを認めた。Bingがこれに対応するのは数ヶ月先になる。

なお、Bingスポークスマンは、rel="canonical"はあくまで"最後の手段"であり、基本的にはサーバサイドでの301リダイレクトにより設定することを推奨している。

確かに、rel="canonical"で実現していることは、サーバ側で.httaccessやhttpd.confを編集する、あるいは METAリフレッシュタグを利用することで同様の指示は可能。ただし、商品一覧ページにおける並び替えや、同一商品の色違いページにおいて特定のURLをインデックスさせたい(正確には、"される確率を高める")場合は rel="canonical" が適当なため、Bingの対応も待たれる。

rel="canonical"は2009年2月にGoogle、Yahoo!、Microsoftの3社で公式サポートが発表されたものの、実際に仕様通りに対応しているのはGoogleのみ(アイレップ調べ)。Yahoo!は部分的、Bingは上述の通り未対応だ。





記事カテゴリ:MS Bing
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google「パーソナライズ検索による劇的な検索順位変動は都市伝説」と説明
Google、カナダでローカルサービス広告を提供開始
グーグルとディズニーがデジタル広告分野で提携
Googleインド、モバイル検索でカバディの試合情報を表示する機能追加
goo, 2018年検索ランキングを発表、人物の1位は「羽生結弦」など
ロシアYandex、検索アップデート「アンドロメダ」を発表
Microsoft Bing、年末商戦にあわせてショッピング検索機能を強化
米Google、検索結果にユーザーがコメントを投稿できる機能を準備
プライバシーを守る検索エンジン DuckDuckGo、検索回数3,000万/1日 突破
ペンス米副大統領、中国市場向け検索アプリ開発の中止を求める
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。