米Microsoft、Bingの新しい検索結果のバケットテストを実施

マイクロソフトの検索エンジン・Bingが新しくデザインしなおした検索結果画面の表示テストを実施。


公開日時:2012年02月24日 06:54

米WebmasterWorldに投稿されたユーザーからの報告によると、米Microsoftの検索エンジン・Bing(ビング)が新しい検索結果のバケットテスト(Bucket Test)を実施している模様だ。

現在のBingの検索結果は2009年6月発表時点のデザインを元に改良を積み重ねてきた結果、検索タブが二重に存在したりスペースの割に文字が多く詰め込まれる機能があるなど、全体的に画面がごちゃごちゃしている印象となっている(米国版のBing.comを参照のこと)。

Bing 検索結果 テスト版 2012年2月

一部のユーザー向けに試験的に表示している新しい検索結果は、デザインやレイアウトを再設計し、情報も整理され、配色もシンプルにすることで、すっきりとしたクリーンな印象になっている。

Seing new SERP pages
http://www.webmasterworld.com/msn_microsoft_search/4418533.htm





記事カテゴリ:MS Bing
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google「パーソナライズ検索による劇的な検索順位変動は都市伝説」と説明
Google、カナダでローカルサービス広告を提供開始
グーグルとディズニーがデジタル広告分野で提携
Googleインド、モバイル検索でカバディの試合情報を表示する機能追加
goo, 2018年検索ランキングを発表、人物の1位は「羽生結弦」など
ロシアYandex、検索アップデート「アンドロメダ」を発表
Microsoft Bing、年末商戦にあわせてショッピング検索機能を強化
米Google、検索結果にユーザーがコメントを投稿できる機能を準備
プライバシーを守る検索エンジン DuckDuckGo、検索回数3,000万/1日 突破
ペンス米副大統領、中国市場向け検索アプリ開発の中止を求める
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。