マイクロソフト、Bing (JP) をリニューアル - デザインは米国版を踏襲

マイクロソフトが検索エンジン・Bing日本語版をリニューアル。米国同様に、検索結果画面のデザインを再整理。


公開日時:2012年09月13日 01:57

マイクロソフトの検索エンジン・Bing(ビング)日本語版が検索サイトの全面リニューアルを実施した。先行して導入された米国版の画面を基本的に踏襲しており、検索結果に表示される情報を再整理するとともに重複していた一部ナビゲーションの削除や空きスペースの調整を行っている。検索サイトトップページの検索窓の位置も変更されている。

検索結果画面の上部には、「言語で絞り込む」「地域で絞り込む」のプルダウンメニューが用意されているが、選択できる地域が”日本”1つのみとなっており、存在意義が不明だ。

Bing米国版は Facebook アカウントと連携させることで、検索結果画面に表示された任意のリンクを Facebook 上でシェアするための機能などが備えられているが、そういった拡張機能は日本語版には実装されていない。

なお、今回のリニューアルに伴い、他国版のBinglを選択することができなくなった模様だ。検索利用者のIPアドレスを元に自動的にバージョンを決定しているようで、たとえば日本国内から Bing 米国版にアクセスすることはできない。検索詳細設定画面で言語を任意に指定することにより、その言語を含めた検索結果を表示することはできるが、最新機能が一番最初に投入される米国版で提供されている各種検索機能を日本から試すことは事実上不可能となっている。

ちなみにBing米国版では現在、5回検索すると Xbox 360 が当たるキャンペーンにエントリーできる。


#
この手のニュースの時は、各国語バージョンの検索サイトを確認してから記事にするのですが、本文で触れたとおり Bing は何故か他国バージョンを選択することができなくなっています。今回は米国にVPN経由で接続して目視確認しましたが、どうしてこういう仕様にするのでしょうか・・・。非英語圏だけど英語版使いたい外国人は少なくないはずです(日本人が米国出張した時に日本語版使いたいだろうし)。





記事カテゴリ:MS Bing
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google「パーソナライズ検索による劇的な検索順位変動は都市伝説」と説明
Google、カナダでローカルサービス広告を提供開始
グーグルとディズニーがデジタル広告分野で提携
Googleインド、モバイル検索でカバディの試合情報を表示する機能追加
goo, 2018年検索ランキングを発表、人物の1位は「羽生結弦」など
ロシアYandex、検索アップデート「アンドロメダ」を発表
Microsoft Bing、年末商戦にあわせてショッピング検索機能を強化
米Google、検索結果にユーザーがコメントを投稿できる機能を準備
プライバシーを守る検索エンジン DuckDuckGo、検索回数3,000万/1日 突破
ペンス米副大統領、中国市場向け検索アプリ開発の中止を求める
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。