マイクロソフト、「Bingウェブマスターガイドライン」公開

米Microsoft、ウェブマスター向けのガイドラインを公開。コンテンツ、リンク、ソーシャル、インデクシングなど。


公開日時:2012年11月22日 18:03

米Microsoftの検索エンジン・Bing は2012年11月16日、サイトオーナー向けの指針となる、Bingウェブマスターガイドラインを公開した。11月22日時点で英語版のみ公開されている。

Bingウェブマスターガイドラインは、サイトオーナーが自身のWebサイトを Bing オーガニック検索に掲載して、コンテンツを発見可能にすることを支援することを目的とした文書。Technical SEO(SEOの技術と手法)、Social Media(ソーシャルメディア)、Content(コンテンツ)、Links(リンク)、Things to Avoid(避けるべきこと)など広範囲なトピックを扱っているが、このガイドラインの目的は、サーチマーケティングの概要を理解してもらう点にある。したがって、あまりディープな技術論や、特定のサイトオーナーのニーズにあったコンテンツ、特定の推奨アクションについて記載されているわけではない。

日本では Google と Yahoo! JAPAN の合算シェアが90%を超えている状況であり、検索エンジンの Bing について興味関心のあるサーチマーケッターは少数派であろう。しかし、どこであれ検索エンジン会社が一般に公開している検索技術や検索エンジン最適化(SEO)、検索連動型広告に対する指針や考え方を表明している文書は、業界のInformation Retrieval (IR) や レリバンシー(Relevancy)、ウェブ技術などに対する物の見方や考え方を知る上で有用な情報源であり、こうした背景を理解することで、皆が興味あるであろう Google の検索思想や向かおうとしている未来を垣間見ることに役立つこともある。SEOに興味があって英語が読めるのであれば、時間がある時にでも一通り目を通してみると良いだろう。

Announcing Bing Webmaster Guidelines & Webinars
http://www.bing.com/community/site_blogs/b/webmaster/archive/2012/11/16/announcing-bing-webmaster-guidelines-amp-webinars.aspx





記事カテゴリ:MS Bing
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google「パーソナライズ検索による劇的な検索順位変動は都市伝説」と説明
Google、カナダでローカルサービス広告を提供開始
グーグルとディズニーがデジタル広告分野で提携
Googleインド、モバイル検索でカバディの試合情報を表示する機能追加
goo, 2018年検索ランキングを発表、人物の1位は「羽生結弦」など
ロシアYandex、検索アップデート「アンドロメダ」を発表
Microsoft Bing、年末商戦にあわせてショッピング検索機能を強化
米Google、検索結果にユーザーがコメントを投稿できる機能を準備
プライバシーを守る検索エンジン DuckDuckGo、検索回数3,000万/1日 突破
ペンス米副大統領、中国市場向け検索アプリ開発の中止を求める
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。