米Google、スマートフォン向けにClick-to-Call型のモバイル広告を提供開始

グーグル、米国の広告主に、スマートフォン向けのClick-to-Call型のモバイル広告提供開始。


公開日時:2010年01月08日 14:26

米Googleは米国の広告主に対して、スマートフォンなどフルブラウザを搭載した高機能端末向けのClick-to-Call型(通話課金型)のモバイル広告を開始することを通知した。

検索利用者の位置に基づいて、広告主の電話番号と住所がモバイル広告の5行目に表示される。表示対象はiPhoneやAndroid、Palm WebOSなどを搭載するフルブラウザ対応の高機能端末。ユーザはクリックすると、直接広告主に電話をかけることができる。

広告主へのClick-to-Call課金は通話に対して行われる。金額は通常のCPCと同じ。この新しいモバイル広告に対応するためには、アドワーズ広告のキャンペーンがiPhoneなどフルブラウザ対応端末にセットされていることと、キャンペーン設定に住所と電話番号が登録されている必要がある。

このモバイル広告は条件を満たしている場合に自動的に配信されるため、もし電話番号を掲載することを望まない場合は、キャンペーン設定画面から電話番号を削除する必要がある。

なお、Click-to-Call自体はすでにGoogleモバイルの自然検索結果では適用されている。今回はアドワーズ広告という広告枠に電話番号を掲載できることが特徴。





記事カテゴリ:Google 2010-2019
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google「パーソナライズ検索による劇的な検索順位変動は都市伝説」と説明
Google、カナダでローカルサービス広告を提供開始
グーグルとディズニーがデジタル広告分野で提携
Googleインド、モバイル検索でカバディの試合情報を表示する機能追加
goo, 2018年検索ランキングを発表、人物の1位は「羽生結弦」など
ロシアYandex、検索アップデート「アンドロメダ」を発表
Microsoft Bing、年末商戦にあわせてショッピング検索機能を強化
米Google、検索結果にユーザーがコメントを投稿できる機能を準備
プライバシーを守る検索エンジン DuckDuckGo、検索回数3,000万/1日 突破
ペンス米副大統領、中国市場向け検索アプリ開発の中止を求める
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。