Google News米国版で "Fast Flip"機能が利用可能に

雑誌をめくるように、視覚的にニュース記事を探せるFast Flipが米国版グーグルニュースに追加された。印刷物のようなフォーマットで掲載することで、従来の出版社の関心を引きつける狙いか。


公開日時:2010年01月12日 07:01

米Googleは2010年1月8日、Google News米国版トップページに、"Fast Flip"機能を追加したことを発表した。同トップページの最下段から利用できる。

Fast Flipは紙媒体の新聞や雑誌を次々とめくる感覚でオンラインの記事を検索・閲覧できるサービス。提携先パートナーが掲載した記事画面のスクリーンショットが表示され、両端の矢印をクリックすると、次々と記事が切り替わる。気に入ったスクリーンショットをクリックすると、画面が拡大されて記事を読むことができる。

Fast Flipは昨年9月にGoogle Labsで公開された。New York TimesやWashington Post、Newsweekなどのパブリッシャーと提携して実現した。12月にパートナー数は50社以上に拡大している。

ユーザやパートナーからの評価が良かったことから、今回、より多くのユーザに利用してもらうために米国版のニュースサイトに設置した。ただし、現在も実験的機能として位置づけられている。

Fast Flipは新聞・雑誌のようなフォーマットでオンラインに掲載できることから、従来の出版社が関心を引きつけたいと考えられる。

Read news fast with Google Fast Flip
http://googleblog.blogspot.com/2009/09/read-news-fast-with-google-fast-flip.html

Fast Flip now available on Google News homepage
http://googlenewsblog.blogspot.com/2010/01/fast-flip-now-available-on-google-news.html





記事カテゴリ:Google 2010-2019
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google「パーソナライズ検索による劇的な検索順位変動は都市伝説」と説明
Google、カナダでローカルサービス広告を提供開始
グーグルとディズニーがデジタル広告分野で提携
Googleインド、モバイル検索でカバディの試合情報を表示する機能追加
goo, 2018年検索ランキングを発表、人物の1位は「羽生結弦」など
ロシアYandex、検索アップデート「アンドロメダ」を発表
Microsoft Bing、年末商戦にあわせてショッピング検索機能を強化
米Google、検索結果にユーザーがコメントを投稿できる機能を準備
プライバシーを守る検索エンジン DuckDuckGo、検索回数3,000万/1日 突破
ペンス米副大統領、中国市場向け検索アプリ開発の中止を求める
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。