米Googleモバイル、位置情報と連動したキーワード入力補助機能を追加

グーグルモバイル、位置情報と連動して最適な検索キーワード候補を提示する機能を追加。AndroidまたはiPhone端末からgoogle.comにアクセスして利用可能。


公開日時:2010年01月15日 17:52

米Googleは2010年1月14日、現在または直前の位置情報と連動して適切なキーワード候補を表示する機能を追加した。Android端末及びiPhone向けのGoogle検索サイトで利用できる。

ユーザの現在地または直前にいた場所情報と連動して、その地域のユーザの検索ニーズにあわせた検索キーワード候補を表示するように改良された。

たとえば、サンフランシスコにいるユーザがGoogle検索窓に "Muse"と入力し始めると、サンフランシスコ近郊の美術館に関するキーワード候補を表示する。しかし、ボストンで同じように "Muse"と打ち始めると、"museum of science boston" や "museum of fine arts boston" など、ボストンにいるユーザがよく探している検索キーワード候補を表示する。

携帯端末からの文字入力は時間がかかる場合がある。位置情報と連動してユーザの関心にあわせた検索ワード候補を提示することで、モバイルユーザの入力の手間と時間を省き、より便利にGoogleモバイル検索が利用できるようになる。

Optimized Search Suggestions using your location [Google Mobile Blog]
http://googlemobile.blogspot.com/2010/01/optimized-search-suggestions-using-your.html

cf.
米Google、現在地付近を探せる「Near me now」を提供 :: SEM R





記事カテゴリ:Google 2010-2016, サーチニュース 2010


他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google モバイルファーストインデックスのやさしい解説 (1) 何が発表されたの?
Google、モバイルファーストインデックスを公式発表、SEO への影響は?
スマホの音声認識、米国ユーザーの70%が満足、テキスト入力が3倍速いとの調査結果も
Yahoo! 検索、検索結果右側のテキスト広告を廃止か
[訂正版] Google、モバイルファーストインデックスを導入、モバイルサイトを基準とした評価へ
Google News、事実確認できた記事に Fact check ラベルを表示
[訂正] Google、モバイルファーストインデックスへ移行する計画を発表
ペンギンアップデートはリンク発信元ページを評価する(Google、Gary Illyes氏)
Google、進化したAI 採用の「Google Assitant」を発表
Bing App、AMPサポートを開始
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。