米Google、リターゲティング広告技術を提供開始

グーグルがリマーケティング広告をリリース。過去にサイトにアクセスしたことがるユーザをターゲットにした広告配信が可能に。


公開日時:2010年03月26日 11:42

米Googleは2010年3月25日、過去にサイトに訪問したことのあるユーザをターゲットにして広告を配信できる「リマーケティング」機能をリリースした。

リマーケティング機能は、Googleコンテンツネットワークに配信できる、インタレストベース広告の機能の1つとして3月からトライアルが行われていた。一般的に「リターゲティング広告」技術に相当するもので、過去にウェブサイトにアクセスしたことのあるユーザに対して、コンテンツネットワークを通じて興味や関心にあわせた広告を配信できる。

たとえば、家電を販売するオンライン小売店が、液晶テレビのカテゴリを訪問したことのあるユーザにテレビの広告を配信したり、宿泊予約サイトが、トップページを訪問したことのあるユーザに特別価格のオファーを提示する広告を配信することができる。

広告主は、たとえばアドワーズ広告(検索連動型広告)を利用してサイトに誘導し、アクセスしたユーザをリマーケティングの対象としてGoogleコンテンツネットワークで効果的な広告メッセージを送信するといった利用が可能になる。

技術的には、広告主はウェブサイトに短い専用のコード(リマーケティングタグ)を設定する。同タグが設定されたページをユーザが訪問すると、「リスト」に保存される。一方、ユーザがが同ウェブサイトにアクセスすると、そのユーザのブラウザCookieがリマーケティングリストに追加される。広告主はこのリストに追加されたユーザに限定して広告を配信するAdWordsキャンペーンを作成できる。

リマーケティングタグは、細かく分類してあらゆるページに埋め込むことができる。たとえば、2つのリマーケティングタグを用意して、サイトのトップページと、コンバージョンページそれぞれに埋め込むこともできる。活用例として、たとえば通販サイトが、消費者の購買プロセスを念頭において「商品カテゴリを閲覧したユーザ」と「ショッピングカートを放棄したユーザ」それぞれのリマーケティングタグを用意して、前者には新商品を伝える広告を表示し、後者には優待キャンペーンを掲載した広告を配信するといった使い方が考えられる。


Now available: Reach the right audience through remarketing [Google]
http://adwords.blogspot.com/2010/03/now-available-reach-right-audience.html





記事カテゴリ:Google 2010-2019
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google「パーソナライズ検索による劇的な検索順位変動は都市伝説」と説明
Google、カナダでローカルサービス広告を提供開始
グーグルとディズニーがデジタル広告分野で提携
Googleインド、モバイル検索でカバディの試合情報を表示する機能追加
goo, 2018年検索ランキングを発表、人物の1位は「羽生結弦」など
ロシアYandex、検索アップデート「アンドロメダ」を発表
Microsoft Bing、年末商戦にあわせてショッピング検索機能を強化
米Google、検索結果にユーザーがコメントを投稿できる機能を準備
プライバシーを守る検索エンジン DuckDuckGo、検索回数3,000万/1日 突破
ペンス米副大統領、中国市場向け検索アプリ開発の中止を求める
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。