米Google AdWords、広告サイトリンク機能が全キャンペーンで利用可能に

グーグル、広告サイトリンクを利用可能に。


公開日時:2010年06月28日 13:30

米Googleは2010年6月24日、1つのアドワーズ広告に複数のリンクを表示できる広告サイトリンク機能が事前承認なしで利用可能になったことを公式ブログで明らかにした。

広告サイトリンク機能は2009年11月に発表されたもので(日本でも提供中)、広告テキストで設定するリンク先に加えて、サイト内コンテンツへの追加リンクを最大4つ表示することができる。会社名や商品ブランド名などで検索した時に、複数の選択肢を与えることでユーザにアピールしたいコンテンツに誘導できるというメリットがある。

同社によると広告主の反応が良く、たとえば保険会社の米Nationwide社は広告サイトリンクを利用して、見積もりページや保険代理店の案内、アカウント管理画面などへの追加リンクを表示した。この結果、クリックスルー率が73%上昇、90日間でコンバージョン数が60%増加したとの事例を紹介している。

Googleは今回、新たな1行サイトリンクのフォーマットを導入するとともに、事前審査なしに広告主がサイトリンクをセットアップできるようにした。

なお、実際に広告サイトリンクが表示されるかは、Googleのアルゴリズム技術が決定する。検索クエリとの関連性や品質スコアを考慮して、表示の可否、及びサイトリンク数を決定する。

なお、広告サイトリンク機能はキャンペーンレベルで設定する機能のため、同一キャンペーン内のあらゆる広告と関連性のあるリンクを登録しておく必要がある。

Ad Sitelinks now available for any campaign
http://adwords.blogspot.com/2010/06/ad-sitelinks-now-available-for-any.html

Ad Sitelinks
http://www.google.com/ads/innovations/adsitelinks.html

複数のリンクを広告に表示させることができるようになります
http://adwords-ja.blogspot.com/2009/11/blog-post.html





記事カテゴリ:Google 2010-2019
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google「パーソナライズ検索による劇的な検索順位変動は都市伝説」と説明
Google、カナダでローカルサービス広告を提供開始
グーグルとディズニーがデジタル広告分野で提携
Googleインド、モバイル検索でカバディの試合情報を表示する機能追加
goo, 2018年検索ランキングを発表、人物の1位は「羽生結弦」など
ロシアYandex、検索アップデート「アンドロメダ」を発表
Microsoft Bing、年末商戦にあわせてショッピング検索機能を強化
米Google、検索結果にユーザーがコメントを投稿できる機能を準備
プライバシーを守る検索エンジン DuckDuckGo、検索回数3,000万/1日 突破
ペンス米副大統領、中国市場向け検索アプリ開発の中止を求める
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。