米Google、モバイル版Google Instant を提供開始

米グーグルがモバイル向けのGoogleインスタント ベータを提供開始。実機で確認したが、ある程度の画面解像度がないと意味はなさそうだ。対応端末はAndroid 2.2 または iPhone / iPod (iOS4)。


公開日時:2010年11月08日 13:56

米Googleは2010年11月5日、モバイル版Google Instantベータ版の提供を開始した。対象は米国・英語設定のAndroid端末(Android 2.2 以上)またはApple iPhone / iPod (iOS4以上)。日本で販売されている端末でも言語や地域情報を変更することで試すことができる。予告どおりの年内開始だ。

Google Instantは今年9月にPC向けにリリースされた。ユーザが検索文字を入力している最中にキーワードを予測して、検索結果も連動して自動的にアップデートされていく。たとえば「かいがい」と入力している最中に、自動的に「海外旅行」の検索結果が表示される。従来のように「検索ボタン」を押す必要もなく、文字を追加していくごとに検索結果も自動的に切り替わっていくため、目的の情報にすばやく到達することが可能になるといったメリットがある。Googleによると、検索時間が2~5秒短縮されるという。

モバイル版Google Instantも基本的にPCと同等の機能を提供する。ただし、モバイルのネットワーク回線速度は環境や条件によって差があるため、Instant機能のオン・オフを簡単に切り替えられるように配慮されている。

なお、Android 2.2 端末の実機でGoogle Instant の動作を確認してみたが、画面解像度が狭いために、ファーストビューで自然検索結果の1件目しか表示されないため、全く意味がなかった。

The power of Google Instant, now in your pocket
http://googleblog.blogspot.com/2010/11/power-of-google-instant-now-in-your.html






記事カテゴリ:Google 2010-2019, サーチニュース 2010
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google「パーソナライズ検索による劇的な検索順位変動は都市伝説」と説明
Google、カナダでローカルサービス広告を提供開始
グーグルとディズニーがデジタル広告分野で提携
Googleインド、モバイル検索でカバディの試合情報を表示する機能追加
goo, 2018年検索ランキングを発表、人物の1位は「羽生結弦」など
ロシアYandex、検索アップデート「アンドロメダ」を発表
Microsoft Bing、年末商戦にあわせてショッピング検索機能を強化
米Google、検索結果にユーザーがコメントを投稿できる機能を準備
プライバシーを守る検索エンジン DuckDuckGo、検索回数3,000万/1日 突破
ペンス米副大統領、中国市場向け検索アプリ開発の中止を求める
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。