米Google、検索クエリと関連する「お店」と「種類」のリスト表示を開始

グーグル、関連検索欄に従来の製造元「ブランド」に加えて商品を購入できる「お店」や商品タイプをリスト表示する機能を追加。


公開日時:2010年11月11日 09:47

米Googleが2010年11月上旬から、一部の検索クエリにおいて、関連検索として「
お店(Stores)」と「種類(Types)」の表示を開始した。

Googleは2010年春より、一部のキーワードにおいて関連検索欄に「ブランド」一覧を表示する機能を追加している(Brand refinements)。消費者は、馴染みの薄いカテゴリの商品を探す時、当該カテゴリのブランドもわからないために探す手がかりが得られないことがある。たとえば、趣味としてこれから川下りを始めようと思った時、すぐにカヤックのメーカー名を思い浮かべられる人は少ないだろう。そこで、当該商品カテゴリにおいて他のユーザがよく検索しているブランド名を関連検索として表示することで、商品探しのヒントを提示している。

今回はこの「ブランド」に加えて「お店」や「種類」を追加した。たとえば、「chocolate(チョコレート)」と検索すると、それを販売するお店として Ghirardelli, Target, Walmart, Amazon, Costco というリストを表示して、購入先の候補を教えてくれる。また、同様にチョコレートの「dark」「hot」「white」「milk」「drinking」といったリストを表示して、どんな商品があるのか手がかりとなる情報を提示する。ユーザがこれらのリンクをクリックすると、その言葉を含んだ検索結果が表示される。同様に、「television」(テレビ)と検索すると、ブランドとして SonyやVIzio、Panasonicを、お店としてSearsやBest Buy、Circuit Cityを、種類として LCD、プラズマ、3D、プロジェクターを表示する。

これらの関連検索機能は、日本(google.co.jp)では2010年11月時点で未実装。


New in Google Search Results: Stores and Types
http://blog.searchenginewatch.com/101102-050525





記事カテゴリ:Google 2010-2019, サーチニュース 2010
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google「パーソナライズ検索による劇的な検索順位変動は都市伝説」と説明
Google、カナダでローカルサービス広告を提供開始
グーグルとディズニーがデジタル広告分野で提携
Googleインド、モバイル検索でカバディの試合情報を表示する機能追加
goo, 2018年検索ランキングを発表、人物の1位は「羽生結弦」など
ロシアYandex、検索アップデート「アンドロメダ」を発表
Microsoft Bing、年末商戦にあわせてショッピング検索機能を強化
米Google、検索結果にユーザーがコメントを投稿できる機能を準備
プライバシーを守る検索エンジン DuckDuckGo、検索回数3,000万/1日 突破
ペンス米副大統領、中国市場向け検索アプリ開発の中止を求める
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。