米Google、Farmer Updateによる「誤判定サイト」情報の提供呼びかけ

米グーグル、2011年2月のランキングアルゴリズム変更(Farmer Update)後に、誤って判定された高品質サイトの情報提供をGoogle Webmaster Help内スレッドで呼びかけ。今後の検索アルゴリズムに反映していきたいという。


公開日時:2011年03月05日 07:34

米Googleが先日実施した、低品質サイトの排除を目的としたアルゴリズム更新(Farmer Update)について、一部の良質なサイトも同時に検索順位が大幅下落したとの報告も少なくない。こうした状況に不満を持つウェブマスターの声を受けて、Googleが公式のフィードバック受付スレッドをGoogle Webmaster Help内に開設した。SearchEngineLandを運営するDanny Sullivan氏の働きかけもあったようだ。

同社サーチクオリティ担当のWysz氏によると、今回のアルゴリズム・アップデートは検索全体の品質向上を目指したものであるが、新レイヤーの追加等、今後のランキングアルゴリズム調整の際に、サイトオーナーからのフィードバックを参考にしたいという。たとえば、良質なコンテンツを持つサイトが本件でネガティブな影響を受けているケースがあれば同スレッドに情報を寄せて欲しいとのことだ。

なお、Googleは誤判定されて被害を被ったサイトについて、個別に検索順位を調節する(Manual Change)ことは行わない。たとえば先日Wired.comで報道されたCult Of Macの検索順位についても、同社内のアルゴリズムのマイナー・アップデートの反映によるものであり、個別対応を行っているわけではない。ただし、投稿されたフィードバックの情報はエンジニアに手渡し、今後のアルゴリズム開発に反映していきたいと述べている。


Google: We’ve Made No “Significant” Changes To The Farmer Update [SearchEngineLand]
http://searchengineland.com/google-weve-made-no-significant-changes-to-the-farmer-update-66591

Think you're affected by the recent algorithm change? Post here.
http://www.google.com/support/forum/p/Webmasters/thread?tid=76830633df82fd8e&hl=en

cf.
米Demand Media、ファーマー・アップデートの「被害」受けず

#
大規模な検索アルゴリズムの変更後、いつもGoogleはこのようにウェブマスターからのフィードバックを受け付けています。特に今回は、"低品質" "内容が浅い" といった、主観的な評価をアルゴリズムで自動的に識別する試みですので、ユーザのフィードバック情報は今後のアルゴリズム改訂に大いに参考になると思われます。





記事カテゴリ:Google 2010-2019, サーチニュース 2011
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google「パーソナライズ検索による劇的な検索順位変動は都市伝説」と説明
Google、カナダでローカルサービス広告を提供開始
グーグルとディズニーがデジタル広告分野で提携
Googleインド、モバイル検索でカバディの試合情報を表示する機能追加
goo, 2018年検索ランキングを発表、人物の1位は「羽生結弦」など
ロシアYandex、検索アップデート「アンドロメダ」を発表
Microsoft Bing、年末商戦にあわせてショッピング検索機能を強化
米Google、検索結果にユーザーがコメントを投稿できる機能を準備
プライバシーを守る検索エンジン DuckDuckGo、検索回数3,000万/1日 突破
ペンス米副大統領、中国市場向け検索アプリ開発の中止を求める
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。