米Google、インスタント検索のオートコンプリート機能を強化 単語単位の予測可能に

グーグルがインスタント検索のオートコンプリート機能を強化。ユニークな組み合わせのクエリでも、最後の文字列から入力単語を予測できるように改良。インスタント検索日本語版はまだ対応していない。


公開日時:2011年04月26日 15:05

米Googleは2011年4月20日、Google Instantで有効なオートコンプリート(キーワード候補表示)機能を強化したことを発表した。

検索エンジンユーザーが検索時に入力するキーワード数は、過去10年の調査を見ると年々少しずつ増加傾向にり、検索クエリも千差万別だ。これはGoogleでも同様であり、かなりの割合の検索クエリは過去に入力されたことがない文字列だという。オートコンプリートは基本的に過去のクエリの人気度に基づいているため、ユニークなキーワードを予測することは困難だ。

そこでGoogleは、Instantにおけるオートコンプリートを改良して、検索クエリの一部分から、特に最後に入力したクエリから予測する機能を搭載した。たとえば、"roppongi search engines" というクエリがあったとしよう。この3つの単語の組み合わせは希な掛け合わせキーワードであるが、後者の2単語、search engines はポピュラーである。この際、Googleはユーザが "roppongi search en" と入力した時点で、最後の単語 "search" と 入力中の文字列 "en" から "engines" を予測して表示する*。

* 従来なら、この場合は roppongi search の時点で検索頻度が極めて少ないクエリのため、engi まで入力しても engines を候補として提示できなかった

なお、半年遅れで登場したGoogleインスタント検索日本語版には同機能はまだ搭載されていない。Googleによると、今回のリリースは英語圏を対象にしており、他の言語は近い将来、順次、テストを経て対応していく計画とのこと。

More predictions in autocomplete
http://googleblog.blogspot.com/2011/04/more-predictions-in-autocomplete.html





記事カテゴリ:Google 2010-2019
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google「パーソナライズ検索による劇的な検索順位変動は都市伝説」と説明
Google、カナダでローカルサービス広告を提供開始
グーグルとディズニーがデジタル広告分野で提携
Googleインド、モバイル検索でカバディの試合情報を表示する機能追加
goo, 2018年検索ランキングを発表、人物の1位は「羽生結弦」など
ロシアYandex、検索アップデート「アンドロメダ」を発表
Microsoft Bing、年末商戦にあわせてショッピング検索機能を強化
米Google、検索結果にユーザーがコメントを投稿できる機能を準備
プライバシーを守る検索エンジン DuckDuckGo、検索回数3,000万/1日 突破
ペンス米副大統領、中国市場向け検索アプリ開発の中止を求める
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。