「パンダ・アップデートは今年予定している500あまりの検索改善の1つに過ぎない」 米Google

米グーグル、低品質サイト排除のパンダ・アップデートは今年予定しているランキングアルゴリズム変更のほんの1つ。


公開日時:2011年05月07日 08:32

米Googleは2011年5月6日、先日実施した検索ランキングアルゴリズムの変更、通称「パンダ・アップデート(Panda Update)」について、今年予定している検索改善のほんの1つに過ぎないと公式ブログで明らかにした(関連:Googleからのアドバイス「優れたサイト」とは?)。

Googleは今年500あまりの検索改善の変更をロールアウトする予定で、パンダ・アップデートに関連するアルゴリズム変更はその中の1つだと説明事実、パンダ・アップデート後に、いくつもの追加のアルゴリズム変更を行っており、ウェブマスターの中には自分のサイトの検索順位変動がパンダ・アップデートによるものと勘違いしているケースもあるそうだ。

ウェブマスターに対し、1つ1つのランキングアルゴリズムの動向に着目するのではなく、サイトを訪問するユーザ体験の改善をどうするかという点にフォーカスしたほうがよいだろう。

なお、あわせてGoogleは高品質なサイトの考え方についても言及しているので、あわせて参照してほしい。


#
全くその通りです。とりわけ日本の場合、パンダ・アップデートにそれほど敏感になる必要はないと思います。いままで、SEOのためだけに特別な(検索アルゴリズムの脆弱性をつくような)手法をとってきたのでなければ、基本的に心配する必要はありません。逆に、グレー~ブラックハットな手法は、それを採用した時点で「いずれ通用しなくなる」ことは認識しているはずです。





記事カテゴリ:Google 2010-2016
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google、キーワード入力中に検索結果を表示する Google Instant 機能を廃止
Bing、ゲーム・オブ・スローンズの検索体験を高める新機能を追加
ヒュンダイ、Google Assistant と連携、リモートで自動車に音声指示が可能に
Google MFI、サイト単位で導入予定
Yahoo!カテゴリ、2018年3月末に終了 20年以上の歴史に幕
GoogleがEU競争法に違反、制裁金3,000億円支払い命じる 欧州委員会
グーグル、求人情報検索「Google for Jobs」を公開
EU、グーグルに巨額の制裁金の可能性 独禁法調査に結論か
Googleモバイルファーストインデックス、導入は早くても2018年以降
グーグル、検索結果の説明文に DMOZ 使用を中止すると発表
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。