Google、サイトリンク表示数を最大2倍に、ランキングの仕組みも変更

グーグルがサイトリンクを大幅に拡張。最大12本のリンクを表示すると共に、当該サイトのページはすべてサイトリンクにまとめて表示するようランキング仕様の変更も行われている。


公開日時:2011年08月17日 08:29

米Googleは2011年8月16日、サイトリンク機能を大幅に拡張したことを正式に発表した。

サイトリンクは、検索結果にクエリに関連するサイトのトップページに加えて、主要なセクション・カテゴリの直リンクを表示する機能。4,5年前に登場した時は、シンプルで数本のリンクを表示するだけだったが年々改良が加えられてきた。

Googleによると、サイトリンクは検索ユーザーの情報探索を手助けする機能として非常に有効に機能してきたという。たとえば、特定の目的で検索をするユーザーが、必ずしもそれを検索クエリに含めていない場合は少なくないが、サイトリンクによってそのユーザーの目的を明確にして、アクセスを促すことができるようになった。また、検索結果で当該サイトの主要なセクションを提示することで、検索ユーザーに気づきを与えるといった効果もあるという。

こうしたサイトリンクの価値を確かめながら改良を続けてきたが、今回、さらにサイトリンクを全面的に押しだし、表示リンク数を2倍の12本(最大数)となった。また、リンク表示も通常のリンクと同じ大きさで表示すると共に、それぞれのリンクに1行のスニペット(説明文)も付与されている。

この変更にあわせて、検索ランキングアルゴリズムの仕様も一部変更された。サイトリンクの表示に関する部分とオーガニック検索のランキングを組み合わせることで、サイトリンクとして表示するリンクの重複排除とリンク表示の関連性を高めるようにした。また、1位に掲載されたサイト(ドメイン)のページはすべてサイトリンク内に一括でまとめて表示して、その他のサイトをその(サイトリンクセクションの下)のオーガニック検索に続けて表示するようになった。

つまり、たとえば検索クエリによっては、あるサイト(ドメイン)のページがオーガニック検索の3位、15位、39位といった具合に散らばってランクインすることがあるが、これが(1位に表示された場合)15位や39位のリンクがまとめてサイトリンクとして表示されるようになるということだ。

サイトリンクの拡張表示は順次、世界各国のGoogleに反映される予定。日本では1週間ほど前からすでに一部で確認済みだ。

The evolution of sitelinks: expanded and improved
http://googleblog.blogspot.com/2011/08/evolution-of-sitelinks-expanded-and.html





記事カテゴリ:Google 2010-2019, SEO(検索エンジン最適化)
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google「パーソナライズ検索による劇的な検索順位変動は都市伝説」と説明
Google、カナダでローカルサービス広告を提供開始
グーグルとディズニーがデジタル広告分野で提携
Googleインド、モバイル検索でカバディの試合情報を表示する機能追加
goo, 2018年検索ランキングを発表、人物の1位は「羽生結弦」など
ロシアYandex、検索アップデート「アンドロメダ」を発表
Microsoft Bing、年末商戦にあわせてショッピング検索機能を強化
米Google、検索結果にユーザーがコメントを投稿できる機能を準備
プライバシーを守る検索エンジン DuckDuckGo、検索回数3,000万/1日 突破
ペンス米副大統領、中国市場向け検索アプリ開発の中止を求める
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。