米Google、健康・病気に関連する情報検索を強化

グーグル、健康関連の検索時の検索結果を改善。症状を検索すると、病名候補リストを検索結果に表示する。


公開日時:2012年02月15日 18:45

米Googleは2012年2月13日、健康・病気に関する検索を行った時の検索結果を改善したことを発表した。

同社が過去にGoogle Health を提供したり、ライバル会社であるMicrosoftがBingの強化分野の1つとして健康をあげていることが示す通り、毎日多くのユーザーが自身や家族の健康について検索している。Googleによると、その検索クエリを分析すると症状に関する検索に続いて、状態について検索していることが多いという。

そこで、ユーザーが健康の症状に関する検索を行うと、それと関連性が高い健康状態のリストを検索結果の最上位に表示するように改良した。たとえば、abdominal pain on my right side と検索すると、検索結果に Appendicitis (虫垂炎)や Ovarian cyst(卵巣嚢胞)、Hernia(ヘルニア)、kidney stone(腎臓結石)などの病名とその説明文の抜粋を表示する。これらの情報は検索クエリと関連するコンテンツを自動的にアグリゲート・抽出したものを表示する。

Googleが表示する情報は医者や専門家によって書かれた情報ではないので注意してほしい。


Improving health searches, because your health matters
http://insidesearch.blogspot.com/2012/02/improving-health-searches-because-your.html





記事カテゴリ:Google 2010-2019
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google「パーソナライズ検索による劇的な検索順位変動は都市伝説」と説明
Google、カナダでローカルサービス広告を提供開始
グーグルとディズニーがデジタル広告分野で提携
Googleインド、モバイル検索でカバディの試合情報を表示する機能追加
goo, 2018年検索ランキングを発表、人物の1位は「羽生結弦」など
ロシアYandex、検索アップデート「アンドロメダ」を発表
Microsoft Bing、年末商戦にあわせてショッピング検索機能を強化
米Google、検索結果にユーザーがコメントを投稿できる機能を準備
プライバシーを守る検索エンジン DuckDuckGo、検索回数3,000万/1日 突破
ペンス米副大統領、中国市場向け検索アプリ開発の中止を求める
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。