[SEO] 「Googleからガイドライン違反を指摘されたら、速やかに対処すること」- Google John Muller氏

米グーグルのジョン・ミューラー氏がウェブマスターに向けて、同社からガイドライン違反を警告するメッセージを受けた際は速やかに対処することをアドバイス。


公開日時:2012年04月05日 12:31

米Google社員のJohn Mueller氏が、同社から不自然なリンクなどのガイドライン違反の通知メッセージを受け取った際は、実際のペナルティが与えられるのを待たずに速やかに再審査リクエスト(reconsideration request)を行うよう強くアドバイスしている。

先日、「Googleから警告文が届いた場合の、正しい対処法 / 危険な対処法」という記事の中で、Googleからの警告メッセージを無視するようアドバイスする一部の会社の姿勢に対する問題点を指摘したが、John Muller氏もウェブマスターに向けて「ウェブサイトを検索結果に掲載させ続けることに真剣ならば、(サイトへの)ペナルティ(が科せられるのを)待つことは推奨できない。これらは数日後に自動的に失効する問題ではなく、長期間にわたりサイトに影響しうることだ」とコメントしている。

「Googleからガイドライン違反を指摘するメッセージが届いた際は、サイト運営者はその問題を解消した上で再審査リクエストというアクションをとる必要がある」ということを理解していない方もいるようなので、改めてこのGoogleからの通知の意味と対応について理解してほしい。また、中には「Googleから違反指摘がない手法であれば、(スパム手法とはみなされていないから)問題ではない」とウェブスパムを推奨するような説明をしているSEO会社もいるようだが、これも大きな間違いであるので注意してほしい。Googleはすべてのガイドライン違反案件について丁寧に通知を行っているわけでもなければ、1年以上前に行っていたスパム手法についてある日突然指摘することもある。





記事カテゴリ:Google 2010-2019, SEO(検索エンジン最適化), サーチニュース 2012
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google「パーソナライズ検索による劇的な検索順位変動は都市伝説」と説明
Google、カナダでローカルサービス広告を提供開始
グーグルとディズニーがデジタル広告分野で提携
Googleインド、モバイル検索でカバディの試合情報を表示する機能追加
goo, 2018年検索ランキングを発表、人物の1位は「羽生結弦」など
ロシアYandex、検索アップデート「アンドロメダ」を発表
Microsoft Bing、年末商戦にあわせてショッピング検索機能を強化
米Google、検索結果にユーザーがコメントを投稿できる機能を準備
プライバシーを守る検索エンジン DuckDuckGo、検索回数3,000万/1日 突破
ペンス米副大統領、中国市場向け検索アプリ開発の中止を求める
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。