米Google、ページレイアウト分析アルゴリズムを更新、英語検索結果の0.7%に影響

グーグルがページレイアウトを分析するアルゴリズムのマイナーアップデートを実施した。


公開日時:2012年10月10日 15:56

米Googleは2012年10月9日、ページレイアウト分析アルゴリズムの更新を発表した。英語検索結果の0.7%に影響するというマイナーアップデートだ。

ページレイアウト分析は、ファーストビュー(above-the-fold)にユーザーが求めているコンテンツがかけていたり、過剰に広告で埋め尽くされているなど、主たるコンテンツが探しにくいサイトの検索順位を調整(下げる)仕組みを持つランキングアルゴリズム。

ユーザーにとって役立つサイト、コンテンツ作りを心がけていれば普通は全くもって気にする必要はないが、企業の論理によって結果的に above-the-fold に広告がめいっぱい詰め込まれたECサイトはちらほら見かけるので、心当たりがある人は、自分が利用者の立場になった時どんなページが望ましいのかを今一度考えてみよう。







記事カテゴリ:Google 2010-2019
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google「パーソナライズ検索による劇的な検索順位変動は都市伝説」と説明
Google、カナダでローカルサービス広告を提供開始
グーグルとディズニーがデジタル広告分野で提携
Googleインド、モバイル検索でカバディの試合情報を表示する機能追加
goo, 2018年検索ランキングを発表、人物の1位は「羽生結弦」など
ロシアYandex、検索アップデート「アンドロメダ」を発表
Microsoft Bing、年末商戦にあわせてショッピング検索機能を強化
米Google、検索結果にユーザーがコメントを投稿できる機能を準備
プライバシーを守る検索エンジン DuckDuckGo、検索回数3,000万/1日 突破
ペンス米副大統領、中国市場向け検索アプリ開発の中止を求める
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。