Googleウェブマスター宛通知の90%がブラックハット関係であることを明らかに

グーグル、今年最初の2ヶ月でウェブマスター宛に送信した通知のうち、不自然リンクに関係するのは3%程度。


公開日時:2012年12月05日 21:31

米GoogleウェブスパムチームトップのMatt Cutts氏は2012年12月4日、同社が今年1月から2月にかけて送信したウェブマスター宛の通知メッセージのうち、不自然リンクに関係するものはわずか3% (25,000通以下)で、90%はSEOブラックハットがらみであるとの内訳を明らかにした。

同社は今年初め、ウェブマスター宛に合計70万通のメッセージを送信したことが話題となったが、時期を前後して不自然リンクに関するガイドライン違反通知を受けたウェブマスターも多数いたことから、Googleがかなりの数の不自然リンクの警告をしたのではないかとの噂が一部で広がっていた。今回の説明は、この誤解を説く意味もある。

Googleからガイドライン違反の指摘を受けた場合は、問題を修正した上で再審査リクエストを送信する必要がある。






記事カテゴリ:Google 2010-2019, Google 2010-2019
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google「パーソナライズ検索による劇的な検索順位変動は都市伝説」と説明
Google、カナダでローカルサービス広告を提供開始
グーグルとディズニーがデジタル広告分野で提携
Googleインド、モバイル検索でカバディの試合情報を表示する機能追加
goo, 2018年検索ランキングを発表、人物の1位は「羽生結弦」など
ロシアYandex、検索アップデート「アンドロメダ」を発表
Microsoft Bing、年末商戦にあわせてショッピング検索機能を強化
米Google、検索結果にユーザーがコメントを投稿できる機能を準備
プライバシーを守る検索エンジン DuckDuckGo、検索回数3,000万/1日 突破
ペンス米副大統領、中国市場向け検索アプリ開発の中止を求める
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。