グーグル、Google+コミュニティを公開

グーグルがコミュニティ機能 Google+コミュニティを複数言語で公開。日本語でも利用可能。


公開日時:2012年12月07日 04:40

米Googleは2012年12月6日(米国時間)、ソーシャルネットワークサービスGoogle+の新機能として、同じ話題に興味がある人同士が集うことができるGoogle+コミュニティを発表した。近日中にコミュニティの項目がGoogle+ストリームに表示され利用できるようになる。英語、日本語のほか複数言語に対応する。

Google+コミュニティは、スポーツや料理、地域情報からテレビゲームまで、同じ話題に興味・関心があるユーザー同士でコミュニケーションが図れる機能。一般公開と非公開が選択できる。同じコミュニティ同士のユーザーはハングアウトを開始したりイベントを開いたり、お互いの情報をシェアすることができる。グーグルが公開したビデオでは、たとえば料理好きコミュニティが、ハングアウトを開始して料理を一緒に作ったり、できあがった料理の写真を撮影してコミュニティで共有して楽しむといった使い方を提案している。

一般公開コミュニティとしては、すでに Audi、スターウォーズ、宇宙 など幅広いジャンルが公開されている。

Google+コミュニティ発表にあわせて写真加工アプリ・Snapseed のAndroid版も発表された。Snapseed は iPad で人気を得たアプリで、開発した Nik Software は現在はグーグルの一員。

Googleによると、Google+は現在5億人以上の会員がおり、Googleのサイトで実際に+を利用しているユーザー(Google Playアプリへの+1や、Gmailでのハングアウト、検索結果のシェアなど)も2億3,500万人、ストリームを使っているユーザーだけでも1億3,500万人に達した。Googleはオーガニック検索の中でもGoogle+ページコンテンツを発見しやすくするための機能統合も積極的に進められている。

Google+: コミュニティとフォト
http://gplusproject.appspot.com/static/12.6.12/ja.html


#
Googleの設計思想的にコミュニティの概念はないものかと思ってたらこのタイミングで出してくるんですね。





記事カテゴリ:Google 2010-2019, サーチニュース 2012
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google「パーソナライズ検索による劇的な検索順位変動は都市伝説」と説明
Google、カナダでローカルサービス広告を提供開始
グーグルとディズニーがデジタル広告分野で提携
Googleインド、モバイル検索でカバディの試合情報を表示する機能追加
goo, 2018年検索ランキングを発表、人物の1位は「羽生結弦」など
ロシアYandex、検索アップデート「アンドロメダ」を発表
Microsoft Bing、年末商戦にあわせてショッピング検索機能を強化
米Google、検索結果にユーザーがコメントを投稿できる機能を準備
プライバシーを守る検索エンジン DuckDuckGo、検索回数3,000万/1日 突破
ペンス米副大統領、中国市場向け検索アプリ開発の中止を求める
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。