Google、Chrome 25 から全ての検索をSSL暗号化へ

GoogleがChromeの次期バージョンから、オムニボックスからの全ての検索を暗号化すると発表。アカウントにログインしていない場合でも暗号化される。


公開日時:2013年01月25日 12:32

米Googleは2013年1月18日、同社ブラウザの次期バージョンである Chrome 25 から、オムニボックスでのすべての検索をSSLにより暗号化すると発表した。Googleアカウントのサインイン・アウトにかかわらず、全ての検索が暗号化される。

悪意のある第三者による通信傍受等から、検索のプライバシーを保護することが目的。同社は2010年5月からSSL暗号化された検索サービスの提供を開始し、2011年10月からGoogleアカウントにサインインしたユーザーを対象とした検索のSSL通信化を段階的に実施してきた。

検索の暗号化については、Firefox がバージョン14から、Apple の iOS搭載端末は iOS6 から Safari の検索窓からの検索が暗号化されている。

検索が暗号化されることで、ウェブサイト運営者は訪問者がどんなキーワードで来訪しているのかを分析することができなくなる。検索がSSLで暗号化されるとキーワードリファラが渡らなくなるためだ。昨年11月の段階で、キーワード情報が取得できなくなる(not provided)の割合が40%になどとの調査結果も出ているが、今後、さらにキーワードが参照できないトラフィックが増える見込みだ。


Google Search in Chrome gets more secure
http://blog.chromium.org/2013/01/google-search-in-chrome-gets-more-secure.html





記事カテゴリ:Google 2010-2016, サーチニュース 2013
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google、キーワード入力中に検索結果を表示する Google Instant 機能を廃止
Bing、ゲーム・オブ・スローンズの検索体験を高める新機能を追加
ヒュンダイ、Google Assistant と連携、リモートで自動車に音声指示が可能に
Google MFI、サイト単位で導入予定
Yahoo!カテゴリ、2018年3月末に終了 20年以上の歴史に幕
GoogleがEU競争法に違反、制裁金3,000億円支払い命じる 欧州委員会
グーグル、求人情報検索「Google for Jobs」を公開
EU、グーグルに巨額の制裁金の可能性 独禁法調査に結論か
Googleモバイルファーストインデックス、導入は早くても2018年以降
グーグル、検索結果の説明文に DMOZ 使用を中止すると発表
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。