グーグル、有料リンクについて改めて注意喚起

グーグル、PageRankを渡すリンクの売買について改めてウェブマスターに注意を促す。


公開日時:2013年03月11日 18:44

Googleウェブマスター向け公式ブログに、あらためて有料リンクに対する注意喚起を促す記事が投稿されている。今回は、先月22日に英語版公式ブログに Matt Cutts (Distinguished Engineer)氏が投稿した、A reminder about selling links that pass PageRank の日本語翻訳版。

オリジナルの記事は、英国のフラワーショップが、PR記事を使ったリンクビルディングを行った後に公開されたもの。『PageRank を渡すリンクを売買することやそうした有料リンクの埋め込まれた PR 記事は Google のガイドライン違反となり、Google はそうしたガイドライン違反に対して、対策を講じます。』と同社のスタンスを明確にしている。


PageRank を渡す有料リンクについて覚えておいて頂きたいこと
http://googlewebmastercentral-ja.blogspot.jp/2013/03/a-reminder-about-selling-links.html

#
Googleのスタンスとしては、PR記事そのものを否定するのではなく、広告として生み出されたコンテンツに含まれるリンクには nofollow を付与するなりして、ランキングに影響しないように配慮してくれ、ということです。それが妥当かどうかはさておき、Googleの主張はそういうことです。





記事カテゴリ:Google 2010-2019
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google「パーソナライズ検索による劇的な検索順位変動は都市伝説」と説明
Google、カナダでローカルサービス広告を提供開始
グーグルとディズニーがデジタル広告分野で提携
Googleインド、モバイル検索でカバディの試合情報を表示する機能追加
goo, 2018年検索ランキングを発表、人物の1位は「羽生結弦」など
ロシアYandex、検索アップデート「アンドロメダ」を発表
Microsoft Bing、年末商戦にあわせてショッピング検索機能を強化
米Google、検索結果にユーザーがコメントを投稿できる機能を準備
プライバシーを守る検索エンジン DuckDuckGo、検索回数3,000万/1日 突破
ペンス米副大統領、中国市場向け検索アプリ開発の中止を求める
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。