グーグル、有料リンクについて改めて注意喚起

グーグル、PageRankを渡すリンクの売買について改めてウェブマスターに注意を促す。


公開日時:2013年03月11日 18:44

Googleウェブマスター向け公式ブログに、あらためて有料リンクに対する注意喚起を促す記事が投稿されている。今回は、先月22日に英語版公式ブログに Matt Cutts (Distinguished Engineer)氏が投稿した、A reminder about selling links that pass PageRank の日本語翻訳版。

オリジナルの記事は、英国のフラワーショップが、PR記事を使ったリンクビルディングを行った後に公開されたもの。『PageRank を渡すリンクを売買することやそうした有料リンクの埋め込まれた PR 記事は Google のガイドライン違反となり、Google はそうしたガイドライン違反に対して、対策を講じます。』と同社のスタンスを明確にしている。


PageRank を渡す有料リンクについて覚えておいて頂きたいこと
http://googlewebmastercentral-ja.blogspot.jp/2013/03/a-reminder-about-selling-links.html

#
Googleのスタンスとしては、PR記事そのものを否定するのではなく、広告として生み出されたコンテンツに含まれるリンクには nofollow を付与するなりして、ランキングに影響しないように配慮してくれ、ということです。それが妥当かどうかはさておき、Googleの主張はそういうことです。





記事カテゴリ:Google 2010-2016
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
グーグル、健康・医療に関連するページ評価方法を変更
Google、旧AJAXレンダリングスキームの終了を発表 2018年第2四半期
音声検索は SEO の未来をどう変えるのか?
Google、AMPページと元のページ内容が一致することを求めるポリシー適用、2018年2月から
今日の SEO で大切なこと ~Web担当者Forum ミーティング2017 秋~
【SMX East 2017】 検索とソーシャルを活用するマーケティング戦略
【SMX East 2017】 モバイルファーストインデックス、少数サイトを対象に導入テスト開始 など
Google、家族で楽しめる Google Assistant 向けゲームを公開
【SMX East 2017】 最も検索順位に影響を与える要素は何?
英Brandwatch、BuzzSumo を買収
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。