米Google、年内にペンギンアップデート更新を予告

グーグル、2013年内にもペンギンアップデートの大規模な更新を予告。


公開日時:2013年03月12日 14:01

米Googleのマット・カッツ氏は2013年3月11日、年内にもペンギンアップデートの更新を実施するとコメントした。同氏は大規模な更新になると話しており、現在、同社サーチクオリティチームが準備を進めているとのこと。

ペンギンアップデートは2012年4月に発表されたアルゴリズムの更新。同社が純粋スパム、サイトからの不自然なリンク、サイトへの不自然なリンクと定義するような、ターゲットとするサイトへリンクを供給するための不適切なリンクやコンテンツの排除が目的で、日本国内では特にアフィリエイターやSEOにあまりお金をかけられない小規模な企業が多様している手法を用いている場合に順位が下降しているケースが見られた。

Google’s Matt Cutts On Upcoming Penguin, Panda & Link Networks Updates
http://searchengineland.com/googles-matt-cutts-on-upcoming-penguin-panda-link-networks-updates-151273?

#
わざわざこういった内容を公開するのは、もちろん同社の情報透明性を高めるという方針に基づいたアクションであることに間違いないのですが、どちらかというと、いまスパムをしているウェブマスターへの警告ですよね。おまえら注意しろよ、と。でも実際には、平気でスパムをやっている人たちはこんな警告なんて全く気にしないことでしょう。





記事カテゴリ:Google 2010-2019
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google「パーソナライズ検索による劇的な検索順位変動は都市伝説」と説明
Google、カナダでローカルサービス広告を提供開始
グーグルとディズニーがデジタル広告分野で提携
Googleインド、モバイル検索でカバディの試合情報を表示する機能追加
goo, 2018年検索ランキングを発表、人物の1位は「羽生結弦」など
ロシアYandex、検索アップデート「アンドロメダ」を発表
Microsoft Bing、年末商戦にあわせてショッピング検索機能を強化
米Google、検索結果にユーザーがコメントを投稿できる機能を準備
プライバシーを守る検索エンジン DuckDuckGo、検索回数3,000万/1日 突破
ペンス米副大統領、中国市場向け検索アプリ開発の中止を求める
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。