Google、URL表示なしの検索結果UIをテスト

グーグルが検索結果にリンク先ページのURLを表示しないバージョンのUIテストを実施。


公開日時:2013年05月07日 10:48

Googleは日々、様々なユーザインターフェース(UI)のテストを行っているが、今回は検索結果にURLを表示しないタイプのテストを実施していることが確認された。Twitter で @tecnonetblog 氏がスクリーンショットと共に紹介している。

通常、Google検索結果は(そして他の多くの検索エンジンは)、キーワードにヒットしたページをタイトル - URL - 説明文の3点セットで表示する。しかし、確認されたUIのバージョンでは、URLを表示せず、タイトルと説明文、そしてサイトリンクなど他の付随情報を表示する画面となっている。



Googleは最近、キャッシュ、Google+への共有リンクの表示方法を、緑色の矢印をクリックすることで選択する仕様に変更している。

#
スクリーンサイズが小さなスマホ画面では情報量が増えるのかな?
個人的には大反対。SEOポイズニングなどで検索結果が汚染された時に、正規のサイトと偽のサイトの区別がつかないですし。検索行動関係の調査しても、URLも判断材料に入れている人は少なくないし。





記事カテゴリ:Google 2010-2016
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
グーグル、健康・医療に関連するページ評価方法を変更
Google、旧AJAXレンダリングスキームの終了を発表 2018年第2四半期
音声検索は SEO の未来をどう変えるのか?
Google、AMPページと元のページ内容が一致することを求めるポリシー適用、2018年2月から
今日の SEO で大切なこと ~Web担当者Forum ミーティング2017 秋~
【SMX East 2017】 検索とソーシャルを活用するマーケティング戦略
【SMX East 2017】 モバイルファーストインデックス、少数サイトを対象に導入テスト開始 など
Google、家族で楽しめる Google Assistant 向けゲームを公開
【SMX East 2017】 最も検索順位に影響を与える要素は何?
英Brandwatch、BuzzSumo を買収
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。