Google、次のペンギンアップデート 2.0 は数週間以内と明らかに

グーグル、ペンギンアップデートは数週間内に


公開日時:2013年05月11日 08:05

米GoogleのMatt Cutts氏(Distinguished Engineer)は2013年5月10日、次のペンギンアップデート(2.0)は数週間以内に実施されると Twitter 上で明らかにした。[UPDATE] 2013年5月22日にペンギンアップデート2.0が実施されました


ペンギンアップデートは検索エンジンを欺こうとするブラックハットなSEO手法を排除するための検索アルゴリズムで2012年4月末に導入された。導入直後、日本では中小ネットショップによく見られる、不特定多数サイトとの過剰な相互リンクや、意味のない(たとえば、リンクが並んでいるだけのページ)ページから大量にリンク獲得を行っているサイトの大幅な検索順位下落が観察された(詳細)。

昨年4月末以降、ペンギンアップデートについては特に大きな変化は見られなかった。今年3月に年内のアップデートが予告されたが、今回のMatt Cutts氏のコメントにより、タイムスケジュールがより明確になった格好だ。同アップデート 2.0は、今年最大のアップデートの1つになると言われている。

# [UPDATE] マットカッツ氏が、次回のGoogle検索アルゴリズムのアップデートについて詳細を語りました(/5/14)

# 日本語がおかしかったので一部修正しました(2013/5/13)

#
1ヶ月後に SMX Advanced がシアトルで開催されることですし、その直前にペンギンが来て、会場ではマットカッツが詳細解説という流れでしょうか。また騒がれるのでしょうが、ペンギンアップデートというのは単にブラックハットなSEO手法を排除するためのものですので、普通のウェブマスターが気にするようなものではありません。故意にスパムを実施しているウェブマスターさんは大変かもしれませんが、知ったことではありません。





記事カテゴリ:Google 2010-2016, サーチニュース 2013



他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
グーグル、モバイル検索結果に AMPへのリンクを表示開始
金融商品の比較検討ができる Google Compare が2016年3月終了
ウィキメディア財団、検索開発のために250万ドルの資金援助受ける、「Google対抗」報道を否定
Facebook、4月12日から Instant Articles をすべてのパブリッシャーが利用可能に
Google、ウェブ検索結果右側の広告枠を廃止へ
Google、AMPページを検索結果にカルーセル形式で表示
Google検索、AMP対応を2月24日に開始、検索結果に表示へ
2016スーパーボウル、検索の82%はモバイルから Google発表
Google 検索結果のナレッジグラフカードが編集可能に
米Google、モバイルの旅行検索を刷新
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。