米Google、会話型検索サービス Conversational Search を発表 質問するだけで検索可能

グーグルが会話型検索サービス(Conversational search)を公開。音声で質問すると、必要な情報にアクセスできる。


公開日時:2013年05月16日 03:22

米Googleは2013年5月16日、開催中のGoogle I/O 2013で会話型検索サービス(Conversational search)を発表した。PC及びモバイル端末(Android及びiOS)のChromeブラウザから利用可能。

ハンズフリーで、音声でGoogleと"会話"しながら検索を通じて必要な情報にアクセス出来る。キーノートで紹介したデモでは、"OK Google" と話しかけると音声検索を受け付ける状態になる。ここで欲しい情報を質問すると、検索結果に切り替わると共に、直接的な回答がある場合はそれを音声で教えてくれる。プレビュー版を使ったデモではスムーズに反応していた。

Google音声検索自体は従来から提供されている。今回発表された会話型検索サービスは、一切のマウスやキーボード操作を必要とせず、音声だけで情報にアクセスできること(OK Googleで音声検索が起動する)、欲しいモノゴトを見つけるためのキーワードを思い浮かべなくても、質問形式で Google に尋ねることが出来ることがポイントだ。

#
つまり Siri ですな。Siri そのまま。でも検索のことなら、きっと Google の方が上手にサービスを開発出来ると思うけれど、日本語対応もうちょっとがんばってほしいです。





記事カテゴリ:Google 2010-2016, サーチニュース 2013


他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google モバイルファーストインデックスのやさしい解説 (1) 何が発表されたの?
Google、モバイルファーストインデックスを公式発表、SEO への影響は?
スマホの音声認識、米国ユーザーの70%が満足、テキスト入力が3倍速いとの調査結果も
Yahoo! 検索、検索結果右側のテキスト広告を廃止か
[訂正版] Google、モバイルファーストインデックスを導入、モバイルサイトを基準とした評価へ
Google News、事実確認できた記事に Fact check ラベルを表示
[訂正] Google、モバイルファーストインデックスへ移行する計画を発表
ペンギンアップデートはリンク発信元ページを評価する(Google、Gary Illyes氏)
Google、進化したAI 採用の「Google Assitant」を発表
Bing App、AMPサポートを開始
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。