米Google、ナレッジグラフを強化、「次にみんなが知りたいコト」を先回りして回答

グーグル、ナレッジグラフ強化を発表。ユーザーが続けて質問してきそうな事柄についての答えを表示するよう機能強化。


公開日時:2013年05月16日 03:41

米Googleは2013年5月16日、開催中のGoogle I/O 2013 でナレッジグラフ(Knowledge Graph)の機能強化を発表した。

ナレッジグラフは、現実世界にある「モノ」(エンティティ)や、「モノとモノ」のつながりや関係性を認識するために開発された技術で、世界中の人や場所、ものごとに関する情報を構造化してデータベースとして格納されている。検索キーワードを文字列としてでなく、現実世界の意味・モノとして理解することで、より優れた検索結果をユーザーに提示することが可能となる。ナレッジグラフは2012年5月に英語圏でリリースされ、同年12月には日本語対応した。

今回は対応言語の追加と、性能向上が発表された。前者は、新たにポーランド語、トルコ語、中国簡体字、中国繁体字の4言語が追加された。

後者は、ユーザーの検索クエリに合致する検索結果を返すだけでなく、その回答に対して多くのユーザーが尋ねそうな追加の関連質問への回答も先回りして表示する機能が追加された。たとえば、カナダの人口を尋ねると、その答えだけでなく、時系列でカナダの人口がどう変化したのか、またその人口をカリフォルニアやオーストラリアと比較した情報まで表示するという。

同社はまた、ハンズフリーで検索できる会話型検索(Conversational Search)も発表している。





記事カテゴリ:Google 2010-2019, サーチニュース 2013
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Googleマイビジネス、レビュー投稿ガイドラインを更新、レビューの選別や誘導を禁止
Googleモバイル検索が仕様変更、無限スクロール採用
グーグル、モバイルファーストインデックスへの移行を発表
グーグル、ダイレクトアンサーで「検索結果を表示しない」試験を中止
被写体の関連情報を表示する Google Lens が Android で利用可能に
Google、数週間内にも多くのサイトをモバイルファーストインデックスに移行
Google、画像検索結果の一部機能を廃止
Google検索、直接ホテル予約が可能に
Google、12月中旬の順位変動は日常的なアルゴリズム改良の一環と説明 業界では マカビーアップデート と命名も
グーグル、健康・医療に関連するページ評価方法を変更
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。