Top Heavy Update - Googleが許容する広告と情報の適切な割合はいくつ?

グーグル・マットカッツ氏、Google検索結果ページ程度の、情報(自然検索結果)と広告(Google AdWords)の割合程度なら、ページレイアウト分析アルゴリズム(Top Heavy Algorithm Update)の対象にならない。


公開日時:2013年06月13日 15:41

米Googleウェブスパム対策チームトップのMatt Cutts(マット・カッツ)氏は、2013年6月12日、米国シアトルで開催されたSMX Advanced Seattle 2013 において、ウェブページのファーストビューにおける適切なコンテンツと広告の割合について言及した。

同社は2012年1月にページレイアウト分析のアルゴリズムを変更した。このアルゴリズム更新は欧米圏では Top Heavy Update などと呼ばれており、ウェブページを開いたときのファーストビュー(above the fold、画面を開いた時にスクロールせずに表示されている領域のこと)に数多くの広告が詰め込まれているようなサイトの検索順位を引き下げることを目的としたものだ。過剰な広告や主たるコンテンツがどこにあるのか特定しにくいような(アダルトサイトなどに多い)サイトはユーザーの検索体験の質が大きく損なわれるとの判断から、こうした措置がとられている。

しかし一方で、メディアサイトとしては広告収益は最大限に高めたい意向があるのも頷ける。では、適切な広告と情報の割合とはどの程度まで許可されるのか。

例えば、Googleの検索結果画面を例にとろう。検索キーワードを入力して開く検索結果ページには、自然検索結果と複数の Google AdWords 広告が表示される。たとえば筆者のデスクトップPC(画面サイズは 1600x1200)で「保険」と検索すると、保険関連の広告は全部で11個も表示される。これはまさに「広告過剰」であり、Google は自らの検索結果にペナルティを科さなければならないのでは?

会場でダニーサリバン氏がジョークでMatt Cutts氏に質問を投げかかけたところ、Matt Cutts氏は真面目に回答した。同氏は、仮にGoogle検索結果ページがインデックスされたとしても、ページレイアウトアルゴリズムは発動しないだろうと回答。つまりGoogle の検索結果に示されるような程度の広告と情報の割合であれば問題がないとのことだ。


Google’s Matt Cutts: Same Ad-To-Organic Ratio As Google, You’re Safe From The Top-Heavy Alogrithm [SEL]
http://searchengineland.com/googles-matt-cutts-same-ad-to-organic-ratio-as-google-youre-safe-from-the-top-heavy-alogrithm-163087





記事カテゴリ:Google 2010-2019, SEO(検索エンジン最適化)
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google「パーソナライズ検索による劇的な検索順位変動は都市伝説」と説明
Google、カナダでローカルサービス広告を提供開始
グーグルとディズニーがデジタル広告分野で提携
Googleインド、モバイル検索でカバディの試合情報を表示する機能追加
goo, 2018年検索ランキングを発表、人物の1位は「羽生結弦」など
ロシアYandex、検索アップデート「アンドロメダ」を発表
Microsoft Bing、年末商戦にあわせてショッピング検索機能を強化
米Google、検索結果にユーザーがコメントを投稿できる機能を準備
プライバシーを守る検索エンジン DuckDuckGo、検索回数3,000万/1日 突破
ペンス米副大統領、中国市場向け検索アプリ開発の中止を求める
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。