グーグル、ナレッジグラフを拡張、「こちらを検索する」を表示

Google、ナレッジグラフを日本語検索でも一部拡張、「こちらを検索する」欄が登場。ただし英語版ほどの多機能は実装されず。


公開日時:2013年07月22日 11:14

グーグルが2013年7月20日頃より日本語検索におけるナレッジグラフを拡張し、新たに検索キーワードに関連した「こちらを検索する」のリスト表示を開始した。

Google英語版における「See results about」に相当する機能で、検索キーワードの概念(モノゴト)と関連する情報へのリンクを提示する。たとえば life insurance (生命保険)と検索すると Life Insurance Corporation of India や MetLife Inc を文字列としたリンクが現れ、これをクリックすると(例 http://semr.nl/1dOGN8E)今度は「People also search for」という表示欄に、各社のロゴ入りリンクが現れる。このいずれかのリンクをたどると今度はカルーセル形式(例 http://semr.nl/19csT2o)で保険各社のロゴが画面上部に現れるようになっている。

今回日本語検索で確認されたのは上記の機能の一部で、一部のキーワード検索した際に「こちらを検索する」欄が表示される。たとえば「生命保険」と検索すると、画面右側にソニー生命保険や日本生命保険のリンクが現れ、これらをクリックすると当該文字列で検索した時の検索結果に移動する。ただし英語版のようにこの(移動した後の)検索結果画面にはほかの生命保険会社などのリンクは表示されないほか、カルーセル形式の画面も現れない。

* 上記はいずれも2013年7月22日時点

Google ナレッジグラフ
http://www.google.co.jp/intl/ja/insidesearch/features/search/knowledge.html

#
まだ中途半端な感じなので、試験的な導入なんでしょうか。





記事カテゴリ:Google 2010-2019
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google「パーソナライズ検索による劇的な検索順位変動は都市伝説」と説明
Google、カナダでローカルサービス広告を提供開始
グーグルとディズニーがデジタル広告分野で提携
Googleインド、モバイル検索でカバディの試合情報を表示する機能追加
goo, 2018年検索ランキングを発表、人物の1位は「羽生結弦」など
ロシアYandex、検索アップデート「アンドロメダ」を発表
Microsoft Bing、年末商戦にあわせてショッピング検索機能を強化
米Google、検索結果にユーザーがコメントを投稿できる機能を準備
プライバシーを守る検索エンジン DuckDuckGo、検索回数3,000万/1日 突破
ペンス米副大統領、中国市場向け検索アプリ開発の中止を求める
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。