Google、検索結果から著者の顔写真表示を15%削減 - 低品質サイトが対象

グーグル、Authorshipの顔写真が検索結果に表示されにくくなるよう改善。表示数は15%程度減少した模様。


公開日時:2013年12月20日 08:09

米GoogleウェブスパムチームトップのMatt Cutts(マット・カッツ)氏は2013年12月19日、検索結果のリッチスニペットに表示される著者の顔写真表示を15%程度減らしたことを認めた。先日開催されたPubConの講演にて同氏は、あまり権威性や信頼性が高くない著者情報が検索結果に表示されないようにする方針を示していた。

Google Authorshipを利用して自分のサイトとGoogle+プロフィールを紐付けることにより、検索結果のリッチスニペット(説明文)の左側に著者の顔写真を表示することができる。リッチスニペットに顔写真を表示させることで一般的にクリックスルー率の改善が認められることから、一部のサイト運営者がスパムで用いるなど悪用していた。

Matt Cutts: at PubCon 2013 Las Vegas on SEO, Hummingbird and More - YouTube


#
日本でも一部のサイト運営者が悪用していましたが、現在は非表示になりました。同じ著者でも検索クエリによって表示/非表示があります。私のアカウントがまさにそうでした。様々な検索クエリで試しましたが、何を見て決めているのか現時点では見当がつきませんでした。





記事カテゴリ:Google 2010-2019, SEO(検索エンジン最適化)
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google「パーソナライズ検索による劇的な検索順位変動は都市伝説」と説明
Google、カナダでローカルサービス広告を提供開始
グーグルとディズニーがデジタル広告分野で提携
Googleインド、モバイル検索でカバディの試合情報を表示する機能追加
goo, 2018年検索ランキングを発表、人物の1位は「羽生結弦」など
ロシアYandex、検索アップデート「アンドロメダ」を発表
Microsoft Bing、年末商戦にあわせてショッピング検索機能を強化
米Google、検索結果にユーザーがコメントを投稿できる機能を準備
プライバシーを守る検索エンジン DuckDuckGo、検索回数3,000万/1日 突破
ペンス米副大統領、中国市場向け検索アプリ開発の中止を求める
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。