グーグル、文字サイズを一回り大きくした検索結果のテストを実施

グーグルが新しい検索結果画面のテストを実施。テキスト文字がひとまわり大きくなり、フルHD超の高解像度の液晶ディスプレイを使用している場合でも文字が見やすく。


公開日時:2014年01月20日 10:25

グーグルが一部の検索利用者を対象に、新しい検索結果画面のテストを実施している。

確認できた変更点は次の通り。

  1. ひとまわり大きなフォント:検索結果のテキスト文字サイズが従来と比べてひとまわり大きく見やすくなった
  2. 「●●に関連した広告」表記の削除:自然検索上部に表示されるアドワーズ広告枠は、左上に「●●(キーワード)に関連した広告」という1行の説明が入るが、新検索結果画面では削除されている
  3. ユニバーサル検索結果表示時のラベル名称変更:例えばニュース検索結果が挿入される場合、現在は「●●のニュース検索結果」、画像検索結果であれば「●●の画像検索結果」といった具合に表示されるが、新検索結果画面では「ニュース」「画像」とカテゴリ名だけが表示されるようにラベル名称が変更された
  4. 関連するキーワード表示欄の区切り線追加:自然検索上部の「他のキーワード」、自然検索下部の「●●に関連する検索キーワード」それぞれの欄に、区切り線が追加された
  5. 余白の増加:現行検索結果画面と比較して、情報と情報の間の余白スペースが若干広がっており、見やすくなった

複数の検索利用者が報告しているが、テストの規模は不明。


[更新] 2014年3月4日現在、テスト対象ユーザーを拡大している模様だ。Twitter や Google+ 、Facebook での報告例が増加している。


#
個人でフルHD超の液晶ディスプレイを使用しているのですが、そういった高解像度画面でも(調整せずとも)文字が見やすくなったという印象です。最近はナレッジグラフやらオーサーシップやら、検索結果画面に詰め込まれる情報量が増えたので、情報量増加させつつ見やすさを両立するために余白スペース増えたのかなと考えました。





記事カテゴリ:Google 2010-2019, サーチニュース 2014
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google「パーソナライズ検索による劇的な検索順位変動は都市伝説」と説明
Google、カナダでローカルサービス広告を提供開始
グーグルとディズニーがデジタル広告分野で提携
Googleインド、モバイル検索でカバディの試合情報を表示する機能追加
goo, 2018年検索ランキングを発表、人物の1位は「羽生結弦」など
ロシアYandex、検索アップデート「アンドロメダ」を発表
Microsoft Bing、年末商戦にあわせてショッピング検索機能を強化
米Google、検索結果にユーザーがコメントを投稿できる機能を準備
プライバシーを守る検索エンジン DuckDuckGo、検索回数3,000万/1日 突破
ペンス米副大統領、中国市場向け検索アプリ開発の中止を求める
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。