グーグル、Googleトラブルシューティングページを公開

グーグルがウェブマスターの抱える問題を解決する支援ページ「トラブルシューティングページ」公開。選択肢を選んでいくだけで、対応するヘルプドキュメントを探し出せる。


公開日時:2014年02月17日 00:15

グーグルは2014年2月12日、検索結果やサイトに関する悩みや問題の解決を手助けする、ウェブマスター向けのトラブルシューティングページを公開したことを公式ブログで明らかにした。

選択肢の中から、解決したい事柄を選択していくと、その対処法を画面上に表示する。内容自体は従来からヘルプページに掲載されていたが、インタラクティブにすることで目的の情報にアクセスしやすいように改善されている。

例えば「警告/エラー/アラートが表示sれたが、対処方法がわからない」を選択すると、エラーが表示された場所について「検索結果ページ上で」「ウェブマスターツールで」「検索結果でサイトへのリンクをクリックしたとき」「メールで」という4つの選択肢が出てくる。「ウェブマスターツールで」を選ぶと、今度は「サイトの状態に重要な問題が発見されました」「再審査リクエストの結果」「マルウェアの警告」といったいくつかの選択肢がさらに出てくる。このように次々とクリックしながら当てはまるものを選んでいくわけだが、一部の選択肢は選んでも解決方法が提示されない。

例えば、「あなたのサイトを確認しましたが、ページの一部または全体が現在も品質に関するガイドラインに違反しています」を選んでも、対応する説明は表示されなかった。

Googleトラブルシューティングページ
https://support.google.com/webmasters/troubleshooter/2483183?hl=ja

ウェブマスター向けトラブル シューティング ページの提供を開始しました
http://googlewebmastercentral-ja.blogspot.jp/2014/02/troubleshooter.html





記事カテゴリ:Google 2010-2019
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google「パーソナライズ検索による劇的な検索順位変動は都市伝説」と説明
Google、カナダでローカルサービス広告を提供開始
グーグルとディズニーがデジタル広告分野で提携
Googleインド、モバイル検索でカバディの試合情報を表示する機能追加
goo, 2018年検索ランキングを発表、人物の1位は「羽生結弦」など
ロシアYandex、検索アップデート「アンドロメダ」を発表
Microsoft Bing、年末商戦にあわせてショッピング検索機能を強化
米Google、検索結果にユーザーがコメントを投稿できる機能を準備
プライバシーを守る検索エンジン DuckDuckGo、検索回数3,000万/1日 突破
ペンス米副大統領、中国市場向け検索アプリ開発の中止を求める
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。