Google、スペインとイタリアのスパムリンクに警告

グーグルが今度はスペインとイタリアの有料リンクやスパムリンクの取り締まりに乗り出していることを公表。


公開日時:2014年03月12日 00:44

米Googleウェブスパムチームの Matt Cutts(マット・カッツ)氏は2014年3月11日、イタリアとスペインのスパムリンク運用者に対して警告を行った。

同氏は先日、ポーランドでSEO目的の不正なリンク運用者に制裁を科したことを発表しているが、このところドイツ、フランス、米国と世界各国のリンクネットワークを厳しく取り締まっていることを Twitter で頻繁に告知している。今回はその対象国を更に広げ、イタリアとスペインのブラックハットSEO達を排除することを目指す。

Google、ポーランドのリンクネットワークに制裁、リンクを無効化

Google、動画広告の Virool をガイドライン違反で制裁 不自然な外部リンクが原因

Google、ドイツ代理店が運営するリンクネットワークに制裁を科したことを公表

Google、フランスのリンクネットワークに制裁を科したことを公表

米Google、スパムリンクネットワーク"Ghost Rank 2.0" に制裁

米Google、今度はBackLinks.comのリンクネットワークに制裁

米Google、再びリンクネットワークに制裁、今度は"Anglo Rank"

米Google、英国人気フラワーショップに制裁 - リンク購入が原因

なお、現在まで米国と欧米を標的としてスパム排除に取り組んでいるが、それ以外の国でもウェブスパムは蔓延している。例えばアジア各国は欧米と比較すると (1) Google の取り締まりも(まだ)それほど厳しくないこと、(2) SEO が十分に理解されておらず正しい理解をしていないウェブマスターが少なくないこと、さらに(3) 自国内でのリンク提供ビジネスが立ちゆかなくなった一部の業者が(Googleの取り締まりが比較的緩い)アジアにシフトしたこと、(4) リンク生産コストが安い、といった複数の要因もあり、検索結果の一部は汚染されてきている。

Enlaces no naturales en sitios web y solicitudes de reconsideración
http://googlewebmaster-es.blogspot.jp/2014/03/enlaces-no-naturales-en-sitios-web-y.html

一連のツイートの中で、まだカッツ氏は日本を含むアジアには言及したことはないが、一部のディレクトリ登録やプレスリリース配信という体裁の有料リンク販売会社が駆逐されたように、日本国内のスパム取り締まりも厳しくなってきている。





記事カテゴリ:Google 2010-2019, SEO(検索エンジン最適化)
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google「パーソナライズ検索による劇的な検索順位変動は都市伝説」と説明
Google、カナダでローカルサービス広告を提供開始
グーグルとディズニーがデジタル広告分野で提携
Googleインド、モバイル検索でカバディの試合情報を表示する機能追加
goo, 2018年検索ランキングを発表、人物の1位は「羽生結弦」など
ロシアYandex、検索アップデート「アンドロメダ」を発表
Microsoft Bing、年末商戦にあわせてショッピング検索機能を強化
米Google、検索結果にユーザーがコメントを投稿できる機能を準備
プライバシーを守る検索エンジン DuckDuckGo、検索回数3,000万/1日 突破
ペンス米副大統領、中国市場向け検索アプリ開発の中止を求める
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。