Google、SSL導入サイトの検索順位優遇は「まだ議論が始まったばかり」

グーグル、安全なSSL導入サイトの検索ランキングを優遇することはまだ社内で検討を始めたばかりの段階。仮に優遇の方向に進むとしても決定は当分先。


公開日時:2014年04月15日 04:54

米Googleが安全なSSL導入サイトの検索順位を優遇することを検討している件について「まだ社内で議論がはじまったばかりだ」と同社関係者が語った。米Wall Street Journal が報じている。

この問題は2014年3月に開催された検索業界のカンファレンス・SMX West において、マットカッツ氏(特別エンジニア)がSSL導入サイトの検索順位を優遇しても良い旨の発言をしたことに端を発する。マルウェアやスパイウェアに感染する恐れもなく、ウェブサイトと訪問者の間を暗号化して安全な通信を保証するウェブサイトへのリンクを提示することは優れた検索体験の提供に寄与するという考えに基づくものと推定される。一方で、もし同社がランキングアルゴリズムの1つとして SSL をリストに加えるのであればインターネット全体への影響も大きいため、慎重に検討が進められている。

Cutts also has spoken in private conversations of Google’s interest in making the change, according to a person familiar with the matter. The person says Google’s internal discussions about encryption are still at an early stage and any change wouldn’t happen soon. [Google Weighs Boosting Encrypted Sites in Its Search Algorithm, Wall Street Journal, April 14, 2014]


#
まさに「GoogleのだめだけのSSL導入」に走るウェブサイトばかりになるでしょうし、それって全く本質じゃないですよね。「高品質なコンテンツを提供せよ」と Google も啓蒙し続けてきたのに、SSL導入で検索順位改善しますよという施策を行ったら、Google の本来の意図が全く伝わらないんじゃないでしょうか。





記事カテゴリ:Google 2010-2019
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google「パーソナライズ検索による劇的な検索順位変動は都市伝説」と説明
Google、カナダでローカルサービス広告を提供開始
グーグルとディズニーがデジタル広告分野で提携
Googleインド、モバイル検索でカバディの試合情報を表示する機能追加
goo, 2018年検索ランキングを発表、人物の1位は「羽生結弦」など
ロシアYandex、検索アップデート「アンドロメダ」を発表
Microsoft Bing、年末商戦にあわせてショッピング検索機能を強化
米Google、検索結果にユーザーがコメントを投稿できる機能を準備
プライバシーを守る検索エンジン DuckDuckGo、検索回数3,000万/1日 突破
ペンス米副大統領、中国市場向け検索アプリ開発の中止を求める
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。