米Google、スポーツナレッジグラフにNBAのハイライト映像を表示

グーグルが一部の NBAチーム名で検索した時にナレッジグラフ枠内にハイライト映像表示。


公開日時:2014年05月22日 06:01

米Google が一部のNBA(アメリカプロバスケットボールリーグ)関連クエリで検索した時に、画面上部に表示するナレッジグラフ内に今日のハイライト映像(Video Recaps)を含めて掲載しているケースが確認された。

NBAのチーム名、たとえば Miami Heat や Indiana Pacers と検索した時に検索結果に表示されるナレッジグラフ内に YouTube にホストされた動画が掲載される。クリックすると検索結果画面に被さるように動画がオーバーレイ表示され、映像が再生される。

なお、NBA 関連のすべてのチーム名で動画が表示されるわけではないようだ。例えば、Atlanta Hawks, Boston Celtics, Brooklyn Nets, Charlotte Hornets, Orlando Magic, Washington Wizards, Toronto Raptors などいずれのチーム名でも動画は表示されなかった。

また、他の米プロスポーツ、例えば MLB (メジャーリーグ)でもスポーツナレッジグラフは表示されるもののハイライト映像は掲載されない(例 New York Yankees, Boston Red Sox,Atlanta Braves など)。一方で MLBチーム名で検索した時にはナレッジグラフ内にチケット購入画面へのリンクと、プレビュー記事へのリンクがチーム名下に表示されることが確認できる。Google はナレッジグラフのボックス内の情報を充実させて、検索者が応援するチームに関する情報へのアクセスをスムーズにするための取り組みを継続していることがうかがえる。





記事カテゴリ:Google 2010-2019
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google「パーソナライズ検索による劇的な検索順位変動は都市伝説」と説明
Google、カナダでローカルサービス広告を提供開始
グーグルとディズニーがデジタル広告分野で提携
Googleインド、モバイル検索でカバディの試合情報を表示する機能追加
goo, 2018年検索ランキングを発表、人物の1位は「羽生結弦」など
ロシアYandex、検索アップデート「アンドロメダ」を発表
Microsoft Bing、年末商戦にあわせてショッピング検索機能を強化
米Google、検索結果にユーザーがコメントを投稿できる機能を準備
プライバシーを守る検索エンジン DuckDuckGo、検索回数3,000万/1日 突破
ペンス米副大統領、中国市場向け検索アプリ開発の中止を求める
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。