Googleモバイル検索、Adobe Flash 利用サイトに警告を表示

Google、検索ユーザーが利用しているデバイスで正常閲覧できないサイトがあった時に検索結果上でその旨の警告を表示。


公開日時:2014年07月15日 23:27

米Google は2014年7月14日、検索利用者が使用しているデバイスでは正常に表示されない可能性があるウェブサイトを検出した時に、その旨を検索結果で告知する新機能を追加すると発表した。

例えば、iOS や Android 端末は Adobe Flash をサポートしていない。検索結果に Flash を利用したページへのリンクが含まれていると、"Uses Flash. May not work on your device" との警告がスニペット下部に表示される。

警告文の下に "Try anyway" というリンクがあり、ここを辿ることで(サポートされていないデバイスでも)アクセスは可能。同社は従来から、Flash サイトなどモバイル端末から閲覧できない可能性があるサイトの検索順位を調整(=下方修正)する意向を示すなど、ユーザーのウェブ体験を損ねる技術を(結果的に)排除するための施策を行ってきたが、今回はそれを一歩押し進めた形だ。

Google はあらゆるデバイスで動作するウェブサイトを構築するために、HTML5 の利用を推奨している。また最近、Web Fundamentals と Web Starter Kit という2つの資料も公開しており、これまた Google が推奨してきた Responsive Web Design サイトを構築する上での参考になるだろう。

Google Web Fundamentals
https://developers.google.com/web/fundamentals/

Web Starter Kit
https://developers.google.com/web/starter-kit/

Promoting modern websites for modern devices in Google search results
http://googlewebmastercentral.blogspot.jp/2014/07/promoting-modern-websites-for-modern.html


#
一番遭遇しそうなのが、Flash 利用サイトでしょうね、やはり。

Google+ でちょこっと書きましたが、パソコンからアクセスすると QRコードが出てきて「スマホから見てね」としか表示されないようなサイトも、検索結果で事前告知してほしいです、個人的に。なぜ デバイス限定でキャンペーン展開しようとするのかしら。





記事カテゴリ:Google 2010-2016



他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
グーグル、モバイル検索結果に AMPへのリンクを表示開始
金融商品の比較検討ができる Google Compare が2016年3月終了
ウィキメディア財団、検索開発のために250万ドルの資金援助受ける、「Google対抗」報道を否定
Facebook、4月12日から Instant Articles をすべてのパブリッシャーが利用可能に
Google、ウェブ検索結果右側の広告枠を廃止へ
Google、AMPページを検索結果にカルーセル形式で表示
Google検索、AMP対応を2月24日に開始、検索結果に表示へ
2016スーパーボウル、検索の82%はモバイルから Google発表
Google 検索結果のナレッジグラフカードが編集可能に
米Google、モバイルの旅行検索を刷新
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。