Google HTTPS暗号化サイトの検索順位優遇を発表

Google暗号化サイトの検索順位優遇を発表


公開日時:2014年08月07日 15:23

Googleは2014年8月7日、SSL通信による暗号化に対応するWebサイトをオーガニック検索順位で優遇すると公式に発表した。

HTTPS対応の有無を検索順位を決定する手がかり(シグナル)として採用する。すでに過去数ヶ月に渡りシグナルとして利用されており、Googleは暗号化対応をランキングの材料としたことで関連性も改善したとしている。重みづけは非常に僅かなもので、全検索の1%未満にしか影響していない。

Google to Boost Encrypted Websites in Rankings
Move Aims to Prod Developers to Adopt Technology That Protects Against Hackers
http://online.wsj.com/articles/google-to-boost-encrypted-websites-in-rankings-1407384244


HTTPS をランキング シグナルに使用します
http://googlewebmastercentral-ja.blogspot.jp/2014/08/https-as-ranking-signal.html

HTTPS as a ranking signal
http://googlewebmastercentral.blogspot.jp/2014/08/https-as-ranking-signal.html


#
Googleは、本日の発表より数ヶ月前から既に SSL暗号化Webサイトを検索順位で優遇してきたにもかかわらず、それ(SSL暗号化がシグナルとして採用されたこと)に気がついた人は皆無なわけで、つまりその程度の重み付け・評価でしかないのです。また、Google は http サイトと https サイトは別物として扱うので、https に移行する際はいくつかの注意事項があります。それを怠ると、https に変更したけれどもかえってオーガニック検索順位が落ちて困ることになりますそういったことを踏まえまして、今後「SEOのためにSSL証明書買いませんか?」的な営業が増えると予想されますが安易に手を出さないようにご注意いただきたいと思います。個人的には、この Google の取り組みは何だかなーという感じです。ランキングシグナルとして考慮したいのであれば、表向きには一切発表・コメントせず、裏側でこっそり導入しておけばいいんじゃないでしょうか、そういうタイプのシグナルだと思うのですが。





記事カテゴリ:Google 2010-2019
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google「パーソナライズ検索による劇的な検索順位変動は都市伝説」と説明
Google、カナダでローカルサービス広告を提供開始
グーグルとディズニーがデジタル広告分野で提携
Googleインド、モバイル検索でカバディの試合情報を表示する機能追加
goo, 2018年検索ランキングを発表、人物の1位は「羽生結弦」など
ロシアYandex、検索アップデート「アンドロメダ」を発表
Microsoft Bing、年末商戦にあわせてショッピング検索機能を強化
米Google、検索結果にユーザーがコメントを投稿できる機能を準備
プライバシーを守る検索エンジン DuckDuckGo、検索回数3,000万/1日 突破
ペンス米副大統領、中国市場向け検索アプリ開発の中止を求める
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。