Google SSL(https)ランキングシグナル、将来は暗号化強度も考慮

グーグル、SSL暗号化をする際の暗号化強度について、現状は強度レベルを問わず自然検索順位決定のシグナルとして利用しているものの、将来的にはより安全な(暗号強度の高い)通信が行えるウェブサイトにのみ自然検索順位のブースティングが受けられる可能性を示唆。


公開日時:2014年08月27日 15:51

米Google・John Mueller(ジョン・ミューラー氏)は先日 Hangout で開催した Google Webmaster Central office-hours において、将来的に SSL暗号化に対応したサイトの、暗号化強度のレベルを考慮する可能性があることを示唆した。

English Google Webmaster Central office-hours hangout

現状(2014年8月時点)、Google はウェブサイトが https または http のどちらでインデックスされているのかを基準として(非常に小さな)自然検索順位のブーストの有無を決定している。SSL証明書の鍵に用いる暗号強度は256bit もあれば (Googleが推奨する)2048bit まで多岐にわたるが、現状、その暗号強度はランキングシグナルで考慮されないため、SEOのみを目的としてSSLを導入するなら安価に済む暗号強度の低いSSLでも問題ないことになる。

しかし同氏は将来的に、暗号強度のレベル(※ おそらく同社推奨の2048bitが基準)で自然検索の順位上昇の有無を判断する可能性があることを示唆している。





記事カテゴリ:Google 2010-2019, SEO(検索エンジン最適化)
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google「パーソナライズ検索による劇的な検索順位変動は都市伝説」と説明
Google、カナダでローカルサービス広告を提供開始
グーグルとディズニーがデジタル広告分野で提携
Googleインド、モバイル検索でカバディの試合情報を表示する機能追加
goo, 2018年検索ランキングを発表、人物の1位は「羽生結弦」など
ロシアYandex、検索アップデート「アンドロメダ」を発表
Microsoft Bing、年末商戦にあわせてショッピング検索機能を強化
米Google、検索結果にユーザーがコメントを投稿できる機能を準備
プライバシーを守る検索エンジン DuckDuckGo、検索回数3,000万/1日 突破
ペンス米副大統領、中国市場向け検索アプリ開発の中止を求める
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。