Google、スマホ向けサイトのリダイレクト推奨を 302 から 301 へ再び変更

スマホ向けサイトのリダイレクト、従来は 302リダイレクト推奨とされていたものが 301に戻る。


公開日時:2014年09月09日 03:26

米Googleは2014年8月26日、サイト運営者及び開発者向けに公開しているドキュメント「Changing configuration on smartphone websites」(日本語版はスマートフォン サイトの移行ガイドライン)において、リダイレクトに利用する種類を 302 から 301 に変更した。

例えばデスクトップPC版サイトは別個のサイトとして構築したスマホ向けサイトを、レスポンシブウェブデザインに変更する時や、逆にレスポンシブウェブデザインで構築していたサイトをデスクトップPC版とスマホ版に分離するときに、それぞれスマホからデスクトップ向けPCへのリダイレクト、あるいはスマホ向けサイト間のリダイレクトを設定して、ユーザーが本来到達したかったウェブサイトへ誘導すると共に検索エンジンに正しくサイト構造を伝達する必要がある。

Googleは昨年末、ドキュメントを修正してスマホ向けサイトのリダイレクトには 302 リダイレクトを推奨する趣旨の記述に変更したものの、なぜ(ほぼ全てのケースで 301リダイレクトで事足りるのに)スマホ向けのみ 302リダイレクトと明示しているのかについて理由が示されていなかった。

302リダイレクトと明記されていたことに一部のSEO専門家が疑問を持っていたのは次のような理由からだ。SEOや検索エンジンへの対応を検討した場合、302 リダイレクトを明示的に選択しなければならないケースは存在しない、つまり転送を必要とするなら 301 を選択しておけば間違いがない。にもかかわらず、なぜスマホ向けにおいて、わざわざ 302 リダイレクトを選択しなければならないのか -- この点が謎だったわけだ。

しかし今回のドキュメント更新により 301 または 302 による転送と修正されたことにより、サイト運営者は URL間で転送が必要になった時は転送種類を悩むことなく 301 にすればよく、手順をシンプルにすることが可能となった。

Changing configuration on smartphone websites
https://developers.google.com/webmasters/smartphone-sites/change-configuration
※ 英語版のみ2014年8月26日付けで更新。日本語版は9月8日16時(米国時間)時点で旧版のまま


#
301(永久移転)と302(一時移転)は意味が違うのですが、世の中の多くのサイト運営者が両者の意味を十分に理解せずに間違った設定を行うことが多かったのです。だから Google も Bing も、(そういう間違いが多いことを前提として)302リダイレクトが設定されていても自動的に 301として処理をしています。そういう変遷があるにもかかわらず、なぜスマホのところだけ 302 を選ばせるのか、なぜこんな(サイト運営者にとっての)処理を複雑化させるのか私は意味がわからなかったのですが(面倒くさいことするなよGoogle!)、結局半年以上経過して 301 に戻ってきたわけで、よかったよかった、という感じです。





記事カテゴリ:Google 2010-2019
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Googleマイビジネス、レビュー投稿ガイドラインを更新、レビューの選別や誘導を禁止
Googleモバイル検索が仕様変更、無限スクロール採用
グーグル、モバイルファーストインデックスへの移行を発表
グーグル、ダイレクトアンサーで「検索結果を表示しない」試験を中止
被写体の関連情報を表示する Google Lens が Android で利用可能に
Google、数週間内にも多くのサイトをモバイルファーストインデックスに移行
Google、画像検索結果の一部機能を廃止
Google検索、直接ホテル予約が可能に
Google、12月中旬の順位変動は日常的なアルゴリズム改良の一環と説明 業界では マカビーアップデート と命名も
グーグル、健康・医療に関連するページ評価方法を変更
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。