Google、欧州のSEO用リンクネットワークに制裁加える

グーグルがドイツ、英国、スペインなどヨーロッパ諸国で展開されている外部リンク増加施策目的のリンクネットワークに制裁を加えたことが明らかに。


公開日時:2014年09月30日 18:05

Google は2014年8月18日、ドイツやスペイン、英国など欧州向けに提供されている、SEOで必要な外部リンク増加を目的として運営されているリンクネットワークに制裁を加えたことを Twitter で公表した。対象のリンクネットワークは手動対策(manual action)で対処されているようだ。

8月中旬にツイートされた Google からのペナルティ報告例を見ると、スペイン、ドイツ、英国など、複数のヨーロッパ諸国にわたり Google が手動対策を実施したことが垣間見える。同社は過去にもドイツやイタリア、ギリシャなど欧州のリンクネットワークが検索ガイドラインに違反するとして措置を取った前例がある。

cf.
Google、スペインとイタリアのスパムリンクに警告

Google、ドイツの efamous をガイドライン違反で制裁

米Google、再びリンクネットワークに制裁、今度は"Anglo Rank"

ここ数年、Google は世界各国のリンクネットワークを発見して無効にする措置を取るたびに Twitter を通じて告知する活動を続けている。プライベートな(限られた関係者のみで運営されている)リンクネットワークであれば現在も安心して(?)外部リンクを増やすことが可能であると信じているウェブマスターに対して警告をするとともに、そういったリンクは意味がないことを理解してほしいというメッセージでもあるのだろう。

ちなみに本件、Google 社員が「ドイツと欧州」という表現を使ったことで、「ドイツは欧州に含まれないのか」というツッコミが多数寄せられていた。





記事カテゴリ:Google 2010-2019
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google「パーソナライズ検索による劇的な検索順位変動は都市伝説」と説明
Google、カナダでローカルサービス広告を提供開始
グーグルとディズニーがデジタル広告分野で提携
Googleインド、モバイル検索でカバディの試合情報を表示する機能追加
goo, 2018年検索ランキングを発表、人物の1位は「羽生結弦」など
ロシアYandex、検索アップデート「アンドロメダ」を発表
Microsoft Bing、年末商戦にあわせてショッピング検索機能を強化
米Google、検索結果にユーザーがコメントを投稿できる機能を準備
プライバシーを守る検索エンジン DuckDuckGo、検索回数3,000万/1日 突破
ペンス米副大統領、中国市場向け検索アプリ開発の中止を求める
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。