Google、スマホ対応サイトを示すアイコンを検索結果に表示 (再テスト)

グーグルが、スマホ対応サイトを示すアイコンを検索結果画面に表示。2012年に実施されたテストと同種のもの。


公開日時:2014年10月01日 07:20

米Google が一部の検索利用者を対象に、スマホ対応サイトを示すアイコンを検索結果画面に表示するテストを実施している。

同様のテストは2012年に確認されたことがあるが、再びテストが行われているようだ。これを報じた Google Operating System に掲載されているスクリーンショットを見ると、スマートフォンから Google検索を利用した時に、スマートフォンに最適化されたサイトが検索にヒットした時はアイコンが URL欄の左側に表示されることが確認できる。ちなみに2012年に確認されたテストではURL欄の右側だった。

Google は常時、様々なテストを実施しており、その1つ。2012年時のスマホアイコンのテストが結局正式採用されなかったように、今回もこのままテストで終了する可能性もある。

Google Tests Icon for Smartphone-Optimized Results
http://googlesystem.blogspot.jp/2014/09/google-tests-icon-for-smartphone.html

スマートフォンの利用者が急速に増えた一方で、パソコン版のWebサイトだけを提供しているサイトもまだまだ多く、スマホからの閲覧には技術的・デザイン的に適さないサイトも少なくない。Google はリンク先がスマホ向けに最適化されていることを予め示すことで、検索を通じて発見したそのリンク先もストレスなく快適に閲覧できることをユーザーに伝えて、検索体験の満足度を高めたい狙いがあると考えられる。ただし、このアイコンの意味がユーザーに伝わるのか、つまりアイコンの有無で本当に満足度が上がるかどうかは別で、検索会社がユーザーの為を思って加えた新機能があまり貢献しない(最近の例なら Authorship)ことも多々あるため、それを確かめたいのだろう。

#
手元にあるいくつかのスマートフォンで google.co.jp と google.com の両方試してみましたが、確認できず。米国内のネットワークからも試しましたが表示されなかったので、一部ユーザー向けのテストですね。





記事カテゴリ:Google 2010-2019
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google「パーソナライズ検索による劇的な検索順位変動は都市伝説」と説明
Google、カナダでローカルサービス広告を提供開始
グーグルとディズニーがデジタル広告分野で提携
Googleインド、モバイル検索でカバディの試合情報を表示する機能追加
goo, 2018年検索ランキングを発表、人物の1位は「羽生結弦」など
ロシアYandex、検索アップデート「アンドロメダ」を発表
Microsoft Bing、年末商戦にあわせてショッピング検索機能を強化
米Google、検索結果にユーザーがコメントを投稿できる機能を準備
プライバシーを守る検索エンジン DuckDuckGo、検索回数3,000万/1日 突破
ペンス米副大統領、中国市場向け検索アプリ開発の中止を求める
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。