Google Panda Update 4.1 引き続き更新中 (10/7)

グーグルパンダアップデート4.1 が現在も適用中であることが判明。当初の予定よりも遅れ?


公開日時:2014年10月07日 06:20

Search Engine Land によると、Google は現在も Panda Update (パンダアップデート) 4.1 を適用している最中であることを明らかにした。

cf. Google、Panda Update 4.1 展開を開始

先月25日(米国時間)に発表された Panda Update 4.1 は当初、10月第一週には更新が完了すると告知されていた。実際、日本国内でも6日から一部の検索クエリで検索順位の大きな変動が確認されており、同社の説明通り「コンテンツとして優れていたが評価されづらかった」ウェブページが検索結果の1ページ目に表示されている例も複数確認できている。ただし、これが Panda Update によるものか、別の検索アルゴリズムの更新によるものか、それとも単なる不具合なのかは現時点で判断ができない。

cf. パンダアップデートとは

パンダアップデートは2011年2月から本格的に適用が開始された Google 検索アルゴリズムの1つ。検索品質の改善を目的としたもので、コンテンツの品質や精度を判定し、人々にとって有益で高品質なコンテンツが検索上位に表示されるようにする一方、役に立たないもの、薄っぺらなコンテンツを下位に押し下げるように調整されている。


Google: Panda 4.1 Still Rolling Out
http://searchengineland.com/google-panda-4-1-still-rolling-205201





記事カテゴリ:Google 2010-2019
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google「パーソナライズ検索による劇的な検索順位変動は都市伝説」と説明
Google、カナダでローカルサービス広告を提供開始
グーグルとディズニーがデジタル広告分野で提携
Googleインド、モバイル検索でカバディの試合情報を表示する機能追加
goo, 2018年検索ランキングを発表、人物の1位は「羽生結弦」など
ロシアYandex、検索アップデート「アンドロメダ」を発表
Microsoft Bing、年末商戦にあわせてショッピング検索機能を強化
米Google、検索結果にユーザーがコメントを投稿できる機能を準備
プライバシーを守る検索エンジン DuckDuckGo、検索回数3,000万/1日 突破
ペンス米副大統領、中国市場向け検索アプリ開発の中止を求める
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。