グーグル検索結果、スマホ閲覧が技術的に困難なサイトに警告表示

Google、使用している端末からは閲覧できない技術が使われているウェブページが検索結果に含まれている時、閲覧できない可能性がある旨を該当ページのスニペットに表示する機能を日本でも導入。


公開日時:2014年10月07日 20:10

グーグルは2014年10月7日、検索利用者が使用する端末から閲覧できない可能性がある技術が使用されているウェブページについて、検索結果画面でその旨の通知を表示することを明らかにした。

この機能は米国で今年の7月から既に提供されている。モバイル端末が対応していない技術が使われている場合に「お使いの端末で動作しない場合があります」という文章が該当ウェブページのスニペット欄に表示される。

cf.Googleモバイル検索、Adobe Flash 利用サイトに警告を表示

たとえば、Adobe Flash は iOS や Android 4.1 以降のスマホ及びタブレットでは対応していないために再生できない。こうしたケースで検索結果にその旨が表示されるようになる。ただし「試してみる」というリンクが用意されており、リンク先のページにアクセスすること自体は可能となっている。

Googleは2013年に、モバイル端末からの閲覧に技術的な支障があるウェブページの検索順位を調整することを発表している。同社は HTML5 を使用して、あらゆる端末から問題なく閲覧できるウェブサイトを開発することを推奨しており、「誰もが表示できるウェブサイト」を推進している。

cf.解説:Googleが問題視する「設定が不適切なスマホ向けサイト」とは


Google の検索結果に、誰もが表示できるウェブサイトを
http://googlewebmastercentral-ja.blogspot.jp/2014/10/promoting-modern-websites-for-modern.html





記事カテゴリ:Google 2010-2016



他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
グーグル、モバイル検索結果に AMPへのリンクを表示開始
金融商品の比較検討ができる Google Compare が2016年3月終了
ウィキメディア財団、検索開発のために250万ドルの資金援助受ける、「Google対抗」報道を否定
Facebook、4月12日から Instant Articles をすべてのパブリッシャーが利用可能に
Google、ウェブ検索結果右側の広告枠を廃止へ
Google、AMPページを検索結果にカルーセル形式で表示
Google検索、AMP対応を2月24日に開始、検索結果に表示へ
2016スーパーボウル、検索の82%はモバイルから Google発表
Google 検索結果のナレッジグラフカードが編集可能に
米Google、モバイルの旅行検索を刷新
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。