Google、スマホでも快適に閲覧できる「モバイルフレンドリー」を検索順位に反映する方針を発表

グーグル、モバイル環境でも快適に閲覧できる、「モバイルフレンドリー」という基準を検索結果に反映していくことを明言。試験を行っている。


公開日時:2014年11月19日 04:46

米Google は2014年11月18日、モバイル向け検索結果において、Webサイトの「モバイルフレンドリー」を検索順位を決定する要素(シグナル)の1つとして実験的に利用していることを明らかにした。

We see these labels as a first step in helping mobile users to have a better mobile web experience. We are also experimenting with using the mobile-friendly criteria as a ranking signal.
cf. グーグル検索結果、モバイル対応を示すラベル表示を正式導入

同社は既に、スマホで閲覧できない Adobe Flash などを採用したモバイルサイトに警告表示をするうえ検索順位を引き下げることもあることを明らかにしており、既にモバイルユーザーの検索体験という価値をシグナルとして実質的に利用している。今回改めて公式ブログで明言したのは、モバイル分野における検索体験をより優れたものにして引き続き市場をリードしていくという姿勢を改めて表したものと言えるだろう。


#
別記事でも触れた通り、検索結果の先のページがスマホからは閲覧できないのでは、何のための検索なのかわからないわけです。ユーザーは検索そのものをしたいのではなくて、その時その瞬間に必要な情報を取得したいのですから、検索エンジンが示すリンク先ページもスマホから閲覧ができる、情報が取得できなければならない。だから Google がモバイルフレンドリーという基準を検索結果に反映して、検索上位に表示するページは関連性が高く(≒欲しかった情報が手に入る可能性が高い)、かつ閲覧性の良いページを表示したいと考えるのはとても自然なことです。





記事カテゴリ:Google 2010-2019, サーチニュース 2014
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google「パーソナライズ検索による劇的な検索順位変動は都市伝説」と説明
Google、カナダでローカルサービス広告を提供開始
グーグルとディズニーがデジタル広告分野で提携
Googleインド、モバイル検索でカバディの試合情報を表示する機能追加
goo, 2018年検索ランキングを発表、人物の1位は「羽生結弦」など
ロシアYandex、検索アップデート「アンドロメダ」を発表
Microsoft Bing、年末商戦にあわせてショッピング検索機能を強化
米Google、検索結果にユーザーがコメントを投稿できる機能を準備
プライバシーを守る検索エンジン DuckDuckGo、検索回数3,000万/1日 突破
ペンス米副大統領、中国市場向け検索アプリ開発の中止を求める
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。